韓国俳優キム・ソンホの演劇「Touching the Void」練習現場が捉えられた。

 6日、演劇列伝はInstagramを通じて「開幕という頂上に向けた第一歩」とし「Touching the Void」初公演を控えた俳優たちの姿を公開した。

 写真でキム・ソンホは登山服を着て台本を確認しているかと思えば、体くらいのサイズのカバンを目の前に置いて遠くを眺めている。

 「演劇列伝9」の3番目の作品「Touching the Void」は吹雪が吹き荒れる巨大な雪山、冷酷な大自然に閉じ込められた恐怖を乗り越えて生きる闘志を描いた。

 キム・ソンホは、遭難事故で雪山に孤立したジョー役を演じる。来る7月8日から9月18日までソウル・チョンノ(鍾路)区テハンノ(大学路)アートワンシアター2館で観客に会う予定だ。