韓国で「犯罪都市2」が1000万観客数を突破し、それによる相乗効果が期待されている。「犯罪都市2」が映画産業の正常化のための呼び水の役割を十分に果たし、これから公開される映画に対する関心も高い。

来る15日、「The Witch 魔女」の続編である「魔女 Part2.The Other One」(以下「魔女2」)をはじめ、22日「トップガン:マーヴェリック」、29日「別れる決心」が公開される。これから7〜8月のピークシーズンには「Thor: Love and Thunder」「宇宙+人」「閑山:龍の出現」「非常宣言」「HUNT」が公開される。国内外代表フランチャイズ映画とカンヌ国際映画祭受賞作や招待作など、たっぷり期待されている作品でラインナップが整った。ここにまた1000万映画が出るのか期待されている。

まず最初に公開されるパク・フンジョン監督の「魔女2」は、2018年に新人キム・ダミを思い切って起用して”女性アクションの可能性を広げた”と評価された「The Witch 魔女」の続編だ。跡形も無くなった秘密基地で一人生き残り外の世界に出てきた「少女」の前に、それぞれ異なる目的で彼女を追う勢力が集まって繰り広げられる話を描く。前作のキム・ダミに続き、1408人の中から勝ち残って主役に抜てきされた新人女優シン・シアが、さらにパワーアップした魔女の誕生を予告する。

トム・クルーズが35年ぶりに「トップガン」で戻ってくる。「トップガン:マーベリック」(監督:ジョセフ・コシンスキー)は教官としてカムバックした最高のパイロット、マーベリック(トム・クルーズ扮)と共に生死をかけたミッションに投入される新たなチームメンバーたちとの物語を描く。最近メディアで初紹介された後、好評が相次いでいる。

パク・チャヌク監督が「お嬢さん」以降6年ぶりにメガホンを取った「別れる決心」は、第75回カンヌ国際映画祭監督賞を受賞した作品だ。変死事件を捜査することになった刑事が死亡者の妻に特別な感情を抱きながら繰り広げられる出来事を描いた話で、タンウェイとパク・ヘイルが共演した。

マーベル映画「マイティ・ソー」シリーズの4作目「ソー:ラブ&サンダー(Thor: Love and Thunder)」(監督:タイカ・ワイティティ)が来る7月6日に公開を確定した。「ソー:ラブ&サンダー」は全宇宙を脅かす悪党「ゴア・ザ・ゴッド・ブッチャー」に対抗するソーの活躍を描く。クリス・ヘムズワース、ナタリー・ポートマン、タイカ・ワイティティ、テッサ・トンプソンが出演し、悪役ゴアにはクリスチャン・ベールが登場する。

「宇宙+人」は高麗末、うわさの神剣を手に入れようとする道士たちと、2022年の人間の体の中に収監された宇宙人囚人を追う人々の間で、時間の扉が開いて繰り広げられる物語を描く。「暗殺」(2015)、「10人の泥棒たち」(2012)のチェ・ドンフン監督と、リュ・ジュンヨル、キム・テリ、キム・ウビン、ソ・ジソプ、ヨン・ジョンア、チョ・ウジンらが力を合わせる。2部作で構成された「宇宙+人」は、この夏に1部を公開した後、年末に2部を公開する予定だ。

「閑山:龍の出現」は、2014年に公開し1761万人の観客を集め、歴代興業1位の「バトル・オーシャン/海上決戦」の続編だ。「閑山:龍の出現」は、李舜臣3部作の2番目となる映画で、鳴梁海戦(めいりょうかいせん)の5年前に、進軍中の倭軍から朝鮮を守るために、必死の戦略と覇気で団結した李舜臣将軍と朝鮮水軍の「閑山海戦」を扱う。パク・ヘイルがチェ・ミンシクからバトンを受け継ぎ、若き日の李舜臣将軍を演じる。

ハン・ジェリム監督の「非常宣言」は、史上初の航空テロで有無も言わさず着陸を宣言した飛行機を巡って繰り広げられる航空災害映画だ。ソン・ガンホ、イ・ビョンホン、チョン・ドヨン、キム・ナムギル、キム・ソジン、パク・ヘジュンらが出演する。第74回カンヌ国際映画祭非競争部門に招待された作品だ。

「イカゲーム」でグローバルスターになったイ・ジョンジェの監督デビュー作「HUNT」も夏のスクリーンで勝負を賭ける。「HUNT」は組織に隠れたスパイを暴くために、互いに疑う安企部職員が、大韓民国1号暗殺作戦という巨大な事件に直面して繰り広げられる出来事を描く。イ・ジョンジェが脚本・演出・主演まで1人3役を務めた。イ・ジョンジェとチョン・ウソンが「太陽はない」以降23年ぶりに共演した作品だ。