男版「CLASS:y」誕生のための第一歩が始まる。

19日、「放課後ときめき」の制作会社ファンキースタジオは「放課後のときめき」シーズン2の男性編が、7月から事務所オーディションおよびダンスアカデミーオーディションを開始する」と明かした。続いて「男性編はシーズン1よりさらに拡大したグローバルオーディションにする予定」とし、「韓国国内の志願者だけでなく、海外志願者の積極的な参加を望む」と付け加えた。

「放課後のときめき」シーズン2は、シーズン1のアップグレードバージョンのオーディションになる見通しだ。ハン・ドンチョルPDが前シーズンに続き、制作と演出を手掛ける。Mnet「SHOW ME THE MONEY」、「UNPRETTY RAP STAR」、「PRODUCE 101」など韓国を代表するオーディション番組をお披露目した「オーディション職人」ハン・ドンチョルのマジックが期待される。

放送もグローバルオーディションに変身する。韓国はもちろん、日本でも同時中継され、テレビとYouTubeの同時放送も検討中だ。投票も米国、欧州、日本など世界各国から参加できる。

「放課後のときめき」は2月に幕を閉じたグローバルガールオーディションで、シーズン1を通じて実力派ガールズグループ「CLASS:y」がデビュー。ライジングスターとして注目されている。

なお、22日には日本でデビュー曲「SHUT DOWN -JP Ver.-」をリリースし、同日、テレビ東京系の大型音楽番組「テレ東音楽祭2022夏」に出演する。