ガールズグループ「LE SSERAFIM」のメンバー、キム・ガラムが校内暴力(いじめ)疑惑で活動を中断したなか、海外ファンの目撃談が話題だ。

最近、オンラインコミュニティには「キム・ガラムの近況浮上」というタイトルのコメントが掲載された。コメントの作成者はキム・ガラムが活動をしないだけで、今もなお会社に出ているようだと主張した。

作成者は海外ファンのA氏がキム・ガラムを含んだメンバー全員のサインが盛り込まれた写真を掲載し、「キム・ガラムは会社に通いながら練習をしているようで、変わったことはないようだ。心配しなくてもよさそうだ」とコメントを残したと伝えた。

また作成者は他の海外ファンB氏も、キム・ガラムからサインをもらったアルバムをツイッターにアップしたと付け加えて伝えた。

これに先立ちことし4月、キム・ガラムの校内暴力疑惑を提起するコメントがオンラインコミュニティに掲載された。キム・ガラムの所属事務所SOURCE MUSIC側は、「悪意的に他人を害する事案であり、第三者の陳述を通じてキム・ガラムが中学校在学時に悪意的なうわさとサイバーブリング(ネットいじめ)など学校暴力の被害者だったことを確認した」と立場を明らかにした。

その後、あるネットユーザーは「学校暴力対策自治委員会の結果通報書」の文書を公開した。キム・ガラムの校内暴力疑惑を提起するコメントが追加で登場すると、所属事務所側は「会社側で明らかにしたこれまでの立場文から変わった内容はない。法廷対応を開始し、詳しい内容は法的手続きを通じて明らかになるだろう」と伝えた。

これにキム・ガラムはデビューしてから20日で活動を中断した。「LE SSERAFIM」は1stミニアルバム「FEARLESS」の活動をキム・ガラム不在の5人体制で行ったが、最近活動を終えた。

一方、キム・ガラムは最近雑誌「non-no」の8月号の表紙を通じて近況を公開した。メンバーのサクラ(宮脇咲良)とともにセンターを占めたキム・ガラムの姿に様々な意見が飛び交ったりもした。