バラエティー「ソシタムタム」がガールズグループ「少女時代」の初会議の現場を公開した。

 来る7月5日午後9時に初放送されるJTBC新バラエティ番組「ソシタムタム」は欲(タム)しくなるような魅力を持つ「少女時代」が、多彩なバラエティの世界を探(タム)検する番組だ。デビュー15周年を迎えた「少女時代」の、「少女時代」による、「少女時代」のための「ソシタムタム」で多様な姿を見ることができ、ファンの期待が高まっている。

 特に、公開された2番目のティザー映像にはことし2月、「ソシタムタム」の初会議のために集まった「少女時代」のメンバーたちがアイデアについて十分に討論するようすが盛り込まれ関心が集中している。メンバーたちの率直で愉快な考えやケミストリーを確認できるからだ。

 これを前に「少女時代」の自主会議でパートナー作り、チームスポーツ、トークショー、パジャマパーティーが出てきた中で、スヨンが思い出の人物を探そうというアイデアを提案するが、ヒョヨンの反対にぶつかる。例としてカン・ホドンを訪ねて行くというスヨンの話にユリは「行って何を言うの?」と落ち着いて直球を飛ばして面白さを誘発する。

 これに「少女時代が15周年を迎えたけどどう思いますか」という質問を急に投げかけたスヨンは多様なバラエティ番組に出演していた思い出を召喚し、ティファニーの共感を刺激する。ティファニーが「これ、サンアム(上岩)が建てられる前だよ、上岩DMCが私たちを祝ってくれることもできる」と言うと、スヨンは「上岩DMCは爆竹を鳴らさなければならない」と述べ、爆笑を誘う。しかし、スヨンの努力にもかかわらずヒョヨンは「私たちだけが面白くて、見る人は面白くない」と客観的な視線で断固として拒絶し、笑いを加えている。

 また、嫌なコンセプトを話す時間にはユナが個人技、愛嬌(あいきょう)、昔のことを持ち出すことを話し、メンバーらの同意を得るのに成功した。

 さらにテヨンは「それでも15周年だからうわべを飾ることよりは自然体が楽じゃないか」とし、デビュー当初とはまた別の、歳月の波風と年輪ができて見せる魅力を言及し、「少女時代」のメンバーたちの多様な意見を通じて誕生する「ソシタムタム」の初放送がより一層待ち遠しくなっている。