<「キミはロボット」OST(サントラ)、今日の1曲>

※Wowkoreaサイトのページには歌のYoutube動画があります。

今回も「キミはロボット」のOST紹介をお届けする。本ドラマは、「華政(ファジョン)」のソ・ガンジュンと「サークル 〜繋がった二つの世界〜」で注目されたコン・スンヨンがタッグを組んだ作品。
大企業の本部長、ナム・シンの警護を担当していたソボンは、ある日、本人ではなく身代わりのロボットだと知る。ソボンが涙を流すと、ナム・シン3が抱きしめるようにプログラムされているが、ナム・シン3はソボンと出会い様々なエラーが発生。2人の絆が深まっていく。

今日の1曲は、キム・ナヨンが歌う「言ってほしい」。

<歌詞の解説>

「遠くからあなたが見える 笑って見せる私をあなたは通り過ぎていく 知っているの 
 あなたがどんな気持ちでいるのか それでも私を一度だけ抱きしめてほしい」
最初の歌詞では、かなわぬ恋を悲しむ心情が描かれている。

※サビ
「言ってほしい 少しでも 私を見て幸せだったと でも悲しかったと 
 言ってほしい 少しでも 私に抱きしめられて温かかったと」
サビでは、切ないメロディーと歌詞で別れを予感させる。

「少しずつ遠ざかる 笑って見せるのはもうつらいの 
 わかっているの どれだけつらいか もう一度私を見てほしい」
ここから最後のサビへ盛り上がっていく。

※サビのリピート

「言ってほしい 少しでも 私を見て幸せだったと でも悲しかったと 
 言ってほしい 一度でも 私に抱きしめられて温かかったと」
キム・ナヨンの切ない歌声でドラマのラブストーリーを盛り上げる。

歌手キム・ナヨン(本名:同じ)は、1991年生まれ。2012年にデビューしたソロシンガー。シングル曲よりもOST参加曲の方が多く、すっかりOST歌手として定着しつつある。
「太陽の末裔」、「椿の花咲く頃」、「むやみに切なく」、「それでも僕らは走り続ける」、「キム秘書はいったい、なぜ?」、「あいつがそいつだ」などヒットドラマのOSTに多く参加している。ペク・チヨンに続くOSTバラード女王になっていくかもしれない。

<ネットユーザーの反応>

「キム・ナヨンのOSTは最強」
「ドラマも曲もすごくいい」
「OSTのレベル高い」
「曲を聞くとドラマのシーンを思い出す」
「キム・ナヨンの歌声が切ない」

「キミはロボット」ではソ・ガンジュンと、コン・スンヨンの共演で大きな話題を呼び、OSTも大人気となった。