<「キミはロボット」OST(サントラ)、今日の1曲>

※Wowkoreaサイトのページには歌のYoutube動画があります。

今回も「キミはロボット」のOST紹介をお届けする。本ドラマは、「華政(ファジョン)」のソ・ガンジュンと「サークル 〜繋がった二つの世界〜」で注目されたコン・スンヨンがタッグを組んだ作品。
大企業の本部長、ナム・シンの警護を担当していたソボンは、ある日、本人ではなく身代わりのロボットだと知る。ソボンが涙を流すと、ナム・シン3が抱きしめるようにプログラムされているが、ナム・シン3はソボンと出会い様々なエラーが発生。2人の絆が深まっていく。

今日の1曲は、ソ・ガンジュンが歌う「You are my love」。

<歌詞の解説>

「この心に届いたのはあなただった 唇に触れたあなた 
 一日中あなたのことを考えている このときめきはきっと恋なんだね」
歌詞の最初ではナム・シン3がソボンへの気持ちに気づく様子が描かれている。

※サビ「You are my love 僕を見て You are my love 僕を知っていますか 
 You are my love 僕にはあなただけ この気持ちを恋と言ってほしい どうか」
サビでは、ストレートに気持ちを告白している。

「最初はわからなかった 恋だとわからずに 
 いつかあなたを消そうとするとき この気持ちが僕をとめたんだ」
ナム・シン3の記憶が消えるとき、自分の意思でそれをとめたことが書かれている。

「You are my love 僕を見て You are my love 僕を知っていますか 
 You are my love 僕にはあなただけ ここに立ってるから 僕はあなただけ 
 その気持ちが僕には見える あなたの気持ちが見えるから 
 僕の気持ちを伝えたいのは あなただけ」
ここから最後のサビへ盛り上がっていく。

※サビのリピート 「どうか 言ってほしい」

歌手ソ・ガンジュン(本名:イ・スンファン)は、1993年生まれ。2013年に俳優デビューしている。2021年11月から軍隊に入っており、2023年5月に除隊予定。俳優グループ「5URPRISE」のメンバーで、同グループにはイ・テファンやカン・テオも所属。3名が特に知名度が高くなっている。「ずる賢いバツイチの恋」で主演のイ・ミンジョン演じるナ・エラを一途に想う年下男子を演じ、知名度を上げた。「天気が良ければ会いにゆきます」ではパク・ミニョンと共演し話題となった。

<ネットユーザーの反応>

「ソ・ガンジュン歌も歌えるのか」
「歌声が優しくていい」
「ハッピーエンドを思い出す」
「ピュアな青年役が似合う」
「これからも期待したい俳優」

「キミはロボット」ではソ・ガンジュンと、コン・スンヨンの共演で大きな話題を呼び、OSTも大人気となった。