<「愛の温度」OST(サントラ)、今日の1曲>

※Wowkoreaサイトのページには歌のYoutube動画があります。

今回から「愛の温度」のOST紹介をお届けする。本ドラマは、「僕が見つけたシンデレラ」や「また!? オ・ヘヨン〜僕が愛した未来(ジカン)」のソ・ヒョンジンと「浪漫ドクター キム・サブ」で注目されたヤン・セジョンがタッグを組んだ作品。
29歳のヒョンスは、出会って数時間である若い青年ジョンソンから告白されてしまう。6歳も年下の男性にからかわれたと怒るヒョンスだが、次第に距離が縮まっていく。愛に対する考えが違う2人が、ぶつかり合いながら関係性に変化が出てくるストーリー。

今日の1曲は、Seven O’clockが歌う「あなた、ただあなただから」。

<歌詞の解説>

「冷たく吹く一筋の風 あなたの気持ちのように 揺れたのだろうか 
 Hoo woo 少しずつ遠ざかるあなたが
 Hoo woo 悲しむあなたがまぶしくて」
歌詞の最初では、ジョンソンがヒョンスを見つめる様子が表現されている。

「本当は大丈夫なんかじゃない 苦しくてたまらない 
 心が壊れたように 一歩も引き下がれない
 思い出されるかすかな記憶にも こんなに温かいあなたがいるから 悲しくて」
サビではジョンソンの抱える心の闇が歌詞から伝わる。

「見つめられないくらい まぶしかった日々 
 苦しみを知らないから 幸せな気持ちだったのかな
 Hoo woo 白く流れた時間 Hoo woo 僕には大切な贈り物のようなあなた」
ジョンソンにとってのヒョンスの存在の大きさが描かれている。

「本当は大丈夫なんかじゃない 苦しくてたまらない 
 涙が雨のように 一歩も引き下がれない
 流れる涙の中でも こんなにも輝くあなただから」
ここから最後のサビへ盛り上がっていく。

「この世の全てがあなたでいっぱいで あなた ただあなただから 
 背を向けるなんてできない もう二度と離したくない 愛してる 
 この胸の鼓動と同じくらい 恋しさに襲われても ただ一人 あなたを」
ドラマとマッチした、ジョンソンの気持ちを描いた重みのあるバラードに仕上がっている1曲。

歌手Seven O’clockは、1993年生まれ。2017年にデビューした男性5人グループ。2021年に解散している。これまで「愛の温度」、「最高のチキン 夢を叶える恋の味」「憑依 〜殺人鬼を追え〜」などでOSTを担当している。

<ネットユーザーの反応>

「大人の恋愛模様が描かれたドラマ」
「OSTいい曲が多かった」
「ソ・ヒョンジンが好きでドラマを見た」
「Seven O’clockの曲カッコいい」
「歌声がハスキーで引き込まれる」

「愛の温度」ではソ・ヒョンジンと、ヤン・セジョンの共演で大きな話題を呼び、OSTも大人気となった。