韓国の男性アイドルグループ「ASTRO」のチャウヌが韓国とハリウッド合作映画「K-Pop: Lost in America·仮題」の出演の有力候補者に挙がった。

所属事務所のFantagioは1日、E-dailyに「映画(K-Pop: Lost in America)の提案を受け前向きに検討中です。まだ確定したことはありません」と明かした。

「K-Pop: Lost in America」はニューヨークで海外デビューを控えたK-POPボーイズグループがショーケースを2日前に控え、テキサスに間違えて行ってしまい、お金と時間と携帯電話もない状況で何とかニューヨークまで辿り着こうと試みながらも遭遇していく事象を描いた映画だ。

「K-Pop: Lost in America」は、イ・ミギョンCJグループ副会長と「インターステラー」、「シアトルの眠れない夜」、「コンタクト」等を製作したハリウッド製作会社リンダ・オブストが共同製作、「TSUNAMI -ツナミ-」、「国際市場で逢いましょう」等を演出したユン・ジェギュン監督がメガホンを取り企画から話題を集めた。