<「真心が届く」OST(サントラ)、今日の1曲>

※Wowkoreaサイトのページには歌のYoutube動画があります。

今回も「真心が届く〜僕とスターのオフィス・ラブ!? 〜」のOST紹介をお届けする。本ドラマは、「トッケビ〜君がくれた愛しい日々〜」で知名度を高めたイ・ドンウクと、「イニョン王妃の男」や「トッケビ」のユ・インナが再度タッグを組んだ作品。
女優ユンソは2年前のスキャンダル以来芸能界から干されてしまい、新ドラマの役作りに運命をかけて偽装就職をすることに。そこで敏腕弁護士ジョンロクと出会うところから物語が始まる。

今日の1曲は、ハナ(gugudan)が歌う「Falling Down」。

<歌詞の解説>

「あまり嬉しくない あなたが何を言うのか 
 最初から聞きたくなかったのかもしれない 
 同じ目線で これ以上向かい合いたくない もう聞きたくなくなった 
 先延ばしにはしたくない 大したことじゃないの 
 何となく最後まで言いたくなかったけど あの頃と変わってしまったから
 あなたの言葉の温度に まだ慣れない」
歌詞の最初では、恋に傷ついているユンソの気持ちがストレートに表現されている。

※サビ「It comes at night before you falling down 
 悩んで悩みぬいて終わった一日が どうしたらいい 
 整理できない部屋 何かに手をつけるのが怖くて」
別れを決意しても気持ちがついていかない様子が歌詞になっている。

「頑張ってみようとしても 違うものは違う 
 あなたと触れ合う足の先から感じたのは 
 もう時間がないということを 物語っている 
 いつもいつも私には慣れなくて」
別れを決意したユンソの気持ちが伝わる。

※サビのリピート

「私は一度も 過ぎ去っていった 努力した日々を
 待ち続けたことなんてなかった  
 あなたもわかっていたでしょう 最後の物語を」
ここから最後のサビへ盛り上がっていく。

「I’m getting tired all day in day out 
 悩んで悩みぬいて終わった一日が もうたくさん 
 会いたくない 理解できないことばかり 
 But all you do is look the other way 
 空っぽになった隙に やってきたその場所が 
 まだ私はなぜか 涙が出そうなの 
 When I stare into my eyes before the sunrise」
短調のメロディーで悲しさを歌うハナの歌声でドラマを盛り上げる。

歌手、ハナ(本名:シン・ボラ)1993年生まれ。2016年に女性アイドルグループ「gugudan」のメンバーとしてデビュー。2020年年末でグループが解散となり、その後は女優となっている。これまでウェブドラマ「延南洞ファミリー」や「真心が届く」でOSTを担当。また同グループ出身のセジョンは「愛の不時着」でOSTを担当し、ドラマ「悪霊狩猟団: カウンターズ」に出演し、その後「社内お見合い」でヒロインを務め注目を集めている。

<ネットユーザーの反応>

「メロディーが悲しげでいい曲」
「花の歌声が曲とマッチしてる」
「悲しくなるけどまた聞きたい」
「ドラマを思い出す曲」
「ハッピーエンドになってほしい」

「真心が届く」ではイ・ドンウクと、ユ・インナの共演で大きな話題を呼び、OSTも大人気となった。