<「真心が届く」OST(サントラ)、今日の1曲>

※Wowkoreaサイトのページには歌のYoutube動画があります。

今回も「真心が届く〜僕とスターのオフィス・ラブ!? 〜」のOST紹介をお届けする。本ドラマは、「トッケビ〜君がくれた愛しい日々〜」で知名度を高めたイ・ドンウクと、「イニョン王妃の男」や「トッケビ」のユ・インナが再度タッグを組んだ作品。
女優ユンソは2年前のスキャンダル以来芸能界から干されてしまい、新ドラマの役作りに運命をかけて偽装就職をすることに。そこで敏腕弁護士ジョンロクと出会うところから物語が始まる。

今日の1曲は、1415が歌う「Photographs」。

<歌詞の解説>

「ドアの鍵を閉めて 一日中布団の中でじっとしている 眠ればすべてがよくなるだろう 
このまますべてが止まればいいのに 元気か その一言が一日中頭から離れないんだ 
君と過ごした写真の中のぼくは 何も知らずに笑っている」
歌詞の最初では、なかなか別れを受け入れられない心情が表現されている。

※サビ「僕の無駄なプライドのせいで 深い傷を残してしまった ほんとうにごめん あの時はなぜ
自分のことしか考えられなかったのだろう 今手の中にある Photographs
その写真の中で笑う君は もう戻ってこない 君はもう戻らない」
自分のせいでユンソを逃してしまった後悔の気持ちがわかる。

「眠れるわけもなく Oh 君のいない明日なんて 何も楽しみがない 道に迷った子供のように
どんなに泣いても 君には届かない Baby いつからか僕は 時々独り言を言うんだ
君がそばいいるかのように 今日も相変わらず またずっと同じ場所をさまよって 
また涙を抑えられない I don’t wanna never give up on you (You’re my everything)」
ここから最後のサビへ盛り上がっていく。

※サビのリピート

「手の中にある Photographs 腕の中にいる君は 君はもう戻らない 君はもう戻ってこない」
爽やかで聞きやすい1415の歌声で、静かに後悔の気持ちを歌い上げる。

歌手、1415は、2017年にデビューした男性デュオグループ。メンバーはチュ・ソングン(ボーカル)とオ・ジヒョン(ギター)の2人。これまで「彼女の私生活」、「初対面だけど愛してます」、「真心が届く」、「輝く星のターミナル」などでOSTを担当している。

<ネットユーザーの反応>

「この2人のケミがやっぱりいい」
「トッケビが蘇る」
「1415の曲が爽やかだけど歌詞が悲しい」
「歌詞から愛情が伝わる」
「何回も聞いてしまう」

「真心が届く」ではイ・ドンウクと、ユ・インナの共演で大きな話題を呼び、OSTも大人気となった。