大韓民国を代表する犯罪アクションシリーズ映画「犯罪都市2」を、20日から映画館とテレビで見られるようになった。

「犯罪都市2」はIPTV(KT olleh TV、SK Btv、LG U+TV)、ホームチョイス、Google Play、TVING、Wavve、Naver SERIES ON、KT Skylife、Cinefoxなど多様なプラットフォームを通じて、より多くの観客が見ることになる。この夏、観客たちはIPTVおよびデジタルケーブルTV VODサービスを通じて、自宅でも「犯罪都市2」を見て、暑さとストレスをスカッと吹き飛ばせるだろう。

また「犯罪都市2」のVODサービスのオープンを記念して様々なイベントも準備され、家でも熱い観覧ブームが続く見通しだ。まずABOエンターテインメントは公式インスタグラムで、お茶の間観覧の認証をすると、抽選でマ・ドンソクとソン・ソックの直筆サインが入ったスティックライトなどをプレゼントする。IPTVとホームチョイス、Naver SERIES ONでは、映画のチケットを購入した人から抽選で割引クーポンを提供する。詳細についてはABOの公式ソーシャルメディア(SNS)や各プラットフォームのホームページなどで確認できる。

「犯罪都市2」は歴代28番目の1000万映画であり、パンデミック以降初めての1000万映画、そしてマ・ドンソクの4番目の1000万映画、歴代20番目の1000万韓国映画、そしてパンデミック以降、韓国映画最高のオープニング、公開2日100万人に、2日目100万人、4日目200万人、5日目300万人、7日目400万人、10日500万人、12日600万人、14日700万人、18日800万人、20日900万人、25日1000万人、31日1100万人、40日目に1200万観客を突破し、パンデミック以降最高の興行記録を樹立した。

「犯罪都市2」はモンスター級の刑事マ・ソクド(マ・ドンソク扮)とクムチョン(衿川)強力班がベトナム一帯を牛耳る最強の悪党カン・ヘサン(ソン・ソック扮)を捕まえるために繰り広げる痛快な犯罪掃討作戦を描いた映画で、20日、映画館および多様なプラットフォームを通じて観ることができる。