<「賢い医師生活」OST(サントラ)、今日の1曲>

※Wowkoreaサイトのページには歌のYoutube動画があります。

今回も「賢い医師生活」のOST紹介をお届けする。本ドラマは、「嫉妬の化身」や「知ってるワイフ」のチョ・ジョンソク、「浪漫ドクター キム・サブ」のユ・ヨンソク、「ケリョン仙女伝」のチョン・ギョンホらが共演した作品。ソウル大学医学部を卒業した同期5人に焦点を当ててそれぞれのストーリーを描いたドラマだ。

今日の1曲は、クァク・ジンオンが歌う「市庁前 地下鉄の駅で」。

<歌詞の解説>

「市庁前 地下鉄の駅で 君に再会したんだ 新聞を買いに出た時 君の姿を見た 
足を踏み入れる隙も無いその場所で 君の名前を呼ぶと 君は驚いた顔で 近づこうとした時 
僕は誰かの足を踏んでしまって 大きく笑って ごめんと言わなきゃいけなかったね
生きていく話 変わっていった話 退屈な天気の話 押し寄せる思い出で 僕たちはすぐに疲れて」
歌詞の最初では、昔の恋人に再会した時の様子を回想している。

「そんな風に過ぎた時間が 僕たちを通り過ぎて行った今 君はもう2人の母親だと 
かすかに笑みを浮かべた 僕の生活を尋ねた時 僕は肩を少し上に動かして どこかにある何かを 
まだ探してるんだと言ったんだ」
かつての恋人は新しい人生を歩んでいるが、自分は進んでいないもどかしい様子が表現されている。

※サビ「いつか僕たちが再会した日に 輝く成果を見せると言ったよね 僕たちの魂に深く刻まれた 
あの日の歌は僕たちの耳にまだ 残っているのに」サビでは、昔を懐かしく思う様子がわかる。

「ときどき君を思い出して 聞かせてあげたかったけど 短い挨拶を残して 君は去って行ったね
忙しく行きかう人々の中で 君の姿が消えていく時 ずっと昔のあの日のように 僕の気持ちには」
ここから最後のサビへ盛り上がっていく。

※サビのリピート

歌手クァク・ジンオンは、1991年生まれ。2014年にデビューしたソロ歌手。「スーパースターK6」という番
組で優勝しデビューを果たした。これまで「ミセン〜未生〜」や「マイ・ディア・ミスター〜私のおじさ
〜」、「天気がよければ会いにゆきます」、「私の解放日誌」など近年は特に多くのOSTを担当している。

<ネットユーザーの反応>

「このドラマは泣けた」
「ちょっと青春の思い出が感じられるドラマ」
「この曲はどこか懐かしさがあっていい」
「気持ちを揺さぶられた」
「ラブストーリーもよかった」

「賢い医師生活」ではチョ・ジョンソクと、ユ・ヨンソク、チョン・ギョンホらの共演で大きな話題を呼び、OSTも大人気となった。