俳優のホ・ソンテがテヨン(少女時代)に向けた本物のファン心を表わした。

23日夜に放送されたケーブルチャンネルtvNのバラエティー番組「驚きの土曜日」にはドラマ「アダマス」の俳優ホ・ソンテ、イ・スギョンが出演した。

この日、タレントのBOOMは「今日ホ・ソンテさんがどうかテヨンの隣の席だけは避けたいとPDさんや作家さんに丁重に要請したという。 これはどういうわけか」と尋ねた。

するとホ・ソンテは緊張したように手を震わせ「大きな理由ではない」と口を開いた。

ホ・ソンテは「私が歌手の方々の中で唯一、ずいぶん前からファンのだったのがテヨンさんだ」と話し、皆をびっくりさせた。

続いてホ・ソンテは「以前、イ・ビョンホン先輩、チョン・ウソン先輩が出演したドラマ『アテナ』で『愛しています』という曲を聞いて『この人はいったい誰だろう』と探してみたら、少女時代のテヨンさんだと知った。 とても考えられなかった」とテヨンのファンになったきっかけについて明らかにし、当事者であるテヨンまで驚かせた。

ホ・ソンテは二人の間に座ったパク・ナレの主導でテヨンとあいさつを交わすことなった。ホ・ソンテは、テヨンの目をまともに見ることができないほど緊張した姿を見せた。

BOOMが「今日も来る前に(テヨンの)歌を聞いてきたのか」と尋ねると、ホ・ソンテは「私はINFJだから一曲にはまったらそれだけをずっと聞く」と打ち明けた。

これにテヨンは「INFJですか? 私もINFJなのに」と話し、ホ・ソンテを驚かせた。 結局、メンバーたちの主導で2人は再び握手を交わし、ホ・ソンテは途方に暮れた姿を見せて視線を集めた。