歌手イ・ヒョリ(Fin.K.L.)とシンガーソングライターのイ・サンスン夫婦が共同名義で所有したソウル・ヨンサン(龍山)区ハンナム(漢南)洞のビルを売却したことが分かった。

26日、「毎日経済スタートゥデイ」によると、彼女たち夫婦は、2019年に約58億ウォン(約5億8千万円)で買い入れたこのビルを先月、88億ウォンで売却した。3年で30億ウォンの売買差益を残した。

この建物は夫婦が共同名義で所有し、イ・ヒョリが69%、イ・サンスンが31%の持分を持っていた。

一方、イ・ヒョリは2017年にソウル・カンナム(江南)区サムソン(三成)洞のマンションを、ガールズグループ「KARA」のギュリに21億ウォンで売り、2018年にはJTBCのバラエティ番組「ヒョリの民宿」に登場してきたチェジュ(済州)島の新婚宅をJTBCに14億ウォンで売却したのに続き、翌年カンナム区ノンヒョン(論峴)洞の住宅を38億ウォンで処分したことがある。