飲酒測定要求を拒否し、警察官に暴行を加えた容疑で裁判にかけられたラッパーNO:EL(22、本名:チャン・ヨンジュン)が控訴審でも懲役1年を言い渡された。

 28日、ソウル中央地裁は無免許運転、飲酒測定拒否、公務執行妨害、傷害の容疑で拘束起訴されたNO:ELの控訴審判決公判で、原審と同様の懲役1年を言い渡した。

 検察は去る7日、控訴審結審公判で一審と同様に懲役3年の実刑を求刑した。

 一審は傷害を除く残りの容疑に対して有罪を認め、ことし4月に懲役1年の実刑を言い渡した。

 チャン・ジェウォン「国民の力」議員の息子NO:ELは昨年9月18日午後10時30分ごろ、ソウル・ソチョ(瑞草)区聖母病院交差点で乗用車を運転していたところ、他の車と接触事故を起こした。

 彼は現場に出動した警察官の飲酒測定要求に応じず、警察官を頭で殴った疑いで逮捕され、同年10月に拘束起訴された。

 法廷で公開された当時の状況が盛り込まれた警察官のボディーカメラ映像によると、NO:ELは警察官に暴言を吐いていたことも確認された。

 NO:ELは2019年にもソウル・マポ(麻浦)区で飲酒運転をしてオートバイと接触する事故を起こした疑いで起訴され、2020年6月に懲役1年6か月、執行猶予2年が確定した。