<「先輩、その口紅塗らないで」OST(サントラ)、今日の1曲>

※Wowkoreaサイトのページには歌のYoutube動画があります。

今回から「先輩、その口紅塗らないで」のOST紹介をお届けする。本ドラマは、「恋慕」のロウンと「僕を溶かしてくれ」のウォン・ジナがタッグを組んだ作品。
コスメブランドの会社で働くソンアは、バリバリのキャリアウーマン。一方入社1年目のヒョンスンはそんなソンアに密かに想いを寄せていた。ソンアはチーム長のジェシンと社内恋愛をしていたが、ジェシンの二股を偶然知ったヒョンスンはソンアへの想いを強めていく。

今日の1曲は、キム・テウが歌う「あなたに」。

<歌詞の解説>

「偶然あなたに初めて会った瞬間 あなたは心にすっと入ってきた 
 気まずかったあの日 胸が張り裂けそうで 
 あなたは知っていますか 胸が締め付けられるこの気分 
 聞こえていないか心配で 僕が愚かだとばれたかな 胸がいっぱいになる」
ここではヒョンスンがソンアに出会った時のことが表現されている。

※サビ「今日はあなたに絶対言いたい あなたの心に入りたい 
 いつもそばにいて力になりたい 言葉ですべて言えないけれど 愛してる」
サビでは、ヒョンスンへの恋心が伝わる。

「夢のような瞬間の連続 初めて感じたときめき 
 鈍感で失敗しても この気持ちはわかってほしい 
 あなたは知っていますか 胸が締め付けられるこの気分 
 聞こえていないか心配で 僕が愚かだとばれたかな 胸がいっぱいになる」
ヒョンスンの切ない片思いの心情が表現されている。

※サビのリピート

「愚かな僕だから どうしていいかわからなくて 
 簡単に近づけない ただ見つめているだけ
 少し僕を見守ってほしい 特別なものはない僕だけど 
 あなたのためなら何でもできる」
ここから最後のサビへ盛り上がっていく。

「今日はあなたに絶対言いたい あなたの心に入りたい 
 いつもそばにいて力になりたい あなたのそばにいるから」
キム・テウの高音で透明感のある歌声で、切ない片思いを歌い上げる。

歌手キム・テウ(本名:同じ)は、1981年生まれ。5人組の男性アイドル歌手「god」のメンバーとして1999年にデビュー。俳優のユン・ゲサンやソン・ホヨンもこのグループの出身。2004年にユン・ゲサンが脱退し、翌2005年にgodは活動を休止したが、2014年にユン・ゲサンの復帰を機に再びグループ活動を再開している。
キム・テウとしてのソロ活動で、本ドラマのOSTが大ヒット。その後も「オー・マイ・ビーナス」や、「先輩、その口紅塗らないで」、「偉大なショー」、「嫉妬の化身」、「コンビニのセッピョル」など近年でも継続して多くのOSTを担当している。

<ネットユーザーの反応>

「このドラマのOSTは心地いい」
「いい曲が多かった」
「キム・テウの歌声はすぐにわかる」
「さすがベテラン歌手」
「曲に癒される」

「先輩、その口紅塗らないで」ではロウン(SF9)と、ウォン・ジナの共演で大きな話題を呼び、OSTも大人気となった。