韓国では相変わらずサバイバルオーディションが人気だが、今度はプロデューサーによる音楽バトルが開幕した。7月30日(土)にスタートしたKBS第2の「Listen-UP」だ。MnetやJTBCといったケーブル、総合編成チャンネルではなく、地上波の公共放送というのが意外といえば意外だ。

初回放送では、MCを務めるヒップホップデュオ「Dynamic Duo」がステージに現れ、観覧客を盛り上げながらパフォーマンスを披露するオープニングアクトから始まった。一瞬、ラッパーサバイバル「SHOW ME THE MONEY」が始まったのか?(笑)と錯覚するほどだったが、“K-PRODUCER”たちが主人公の番組だ。

出演は、ライアン・チョン、Paloalto、Jung Key、Peakboy、キム・スンス、PATEKO、DOKO、「LAS」、イ・デフィ(AB6IX)、BIG Naughtyの10組。全6ラウンドで構成され、ラウンドごとに事前オンライン投票30%、会場の観客投票70%を合算した点数で順位を確定。つまり、リスナーの投票のみで優勝者を決定するというものだ。

この日は、サバイバルオーディションではお約束の“対面式”の模様と、第1ラウンドの前半部分が公開された。対面式で最初にスタジオにやってきたのは、Peakboyだった。プロデューサー・歌手としてより、俳優パク・ソジュンの友達、“ウガファミリー”のメンバーといったほうがピンとくる人が多いだろう。ちょうど今、タイミングよく、パク・ソジュン、Peakboy、チェ・ウシク、パク・ヒョンシク、「BTS(防弾少年団」Vの“ウガファミリー”5人による友情旅行を描く「IN THE SOOP フレンドケーション」(JTBC)が放送中でもある。

自身のシングル「Gyopo Hair Style」のミュージックビデオに、“ウガファミリー”全員が出演し、大きな話題になったことも。代表曲はポール・キムの「Bruising」、Vの「SNOW FLOWER」など。Peakboyは、確かに友達は有名人で、彼らがサポートしてくれたおかげでいろいろ呼ばれるようにもなったが、自分も音楽が得意だし、好きなので、どうせ出るからには全部勝ちたいと意気込んでいた。

また、「なぜここに?」と他のプロデューサーたちから注目を集めたのが、イ・デフィ。「僕も作曲家ですから!」と答えた彼は、アイドルというのは受動的だという否定的な視線、偏見を壊したいと思って出演を決めたそうだ。

イ・デフィにとっては、「PRODUCE 101 シーズン2」(Mnet)以来のサバイバルとなるが、その気勢とは裏腹に緊張していたようで、むしろ2万人の前でライブをする方がいいと話していた。それもそのはずだ。お互い牽制しながら心理戦がすでに始まり、ピリピリした空気が流れていたからだ。

その中心にいたのが、JYP出身のプロデューサー、キム・スンス。代表曲はJ.Y.Parkの「Who’s Your Mama?」(feat.Jessi)、「IZ*ONE」の「Violeta」と「FIESTA」などだ。プロデューサーとは何ぞやという確固たる信念があるようで、「楽器も弾けない、コンプレッサー機能も知らない人はプロデューサーではない」と発言したり、事前に公開された1分音源を全員分聴いたが「1曲ゴミがあった。誰とは言わないけれど」と強烈に批判。「SHOW ME THE MONEY」の常連Paloaltoですら、「SHOW ME THE MONEY」でもそんなことは言わないと凍り付き、場を騒然とさせた。

特に、キム・スンスは事前アンケートでプロデューサー10人が投票した「ベストプロデューサー」と「ワーストプロデューサー」で、どちらも1位になったライアン・チョンにやたら噛みつき、すでにバトル構図が出来上がっていた。ライアン・チョンはK-POPアイドル音楽のヒットメーカーで、代表曲は「IU」の「Celebrity」、「OH MY GIRL」の「Dolphin」、「IVE」の「Eleven」などだ。また、「PRODUCE 101 シーズン2」のシグナルソング「ナヤナ(PICK ME)」を制作したプロデューサーでもあるため、この曲を歌ったイ・デフィとここで対決することになったのも見どころの一つとなりそうだ。

第1ラウンドのミッションは、「Welcome to Summer」をテーマに、音楽×ステージを披露するサマーソング対決。事前に公開された1分音源でのリスナー投票1位はイ・デフィ、2位はPeakboy、3位はBIG Naughtyという順。ライアン・チョンは4位、キム・スンスは10位だった。最初なので、若干人気・知名度順?という気もしないでもないのだが…。

ともかく、今回はプロデューサーたちのサバイバルなので、そのプロデュースでステージを飾るコラボアーティストが続々登場するのも、目を引く。トップバッターの「LAS」には、「STREET WOMAN FIGHTER」(Mnet)で一躍脚光を浴びた「PROWDMON」のモニカが援護射撃。構成やディレクティングだけで、本人が直接ステージに立つのは珍しいというモニカ自らがステージに立つぐらい親交のある関係だそうで、華やかにステージを彩った。

イ・デフィには、ガールズグループ「Weeekly」がコラボアーティストとして登場。日本での活動もあり、忙しいイ・デフィは合間を縫って、リモートでディレクションをするなどして準備。“これぞアイドル”というステージを演出した。また、ライアン・チョンのステージにはAileeが登場するなど、各プロデューサーたちが誰にオファーをし、コラボするのかも注目ポイントだ。

なお、初回放送では4組のステージが終わり、会場の観客投票を含めたここまでの1位はイ・デフィ。第1ラウンド、このままイ・デフィは逃げ切れるか?プロデューサーが音楽で対決をするという、いままでにないサバイバルなので、興味をそそられるが、この日の視聴率は1.2%(ニールセンコリア調べ、全国基準)。かなりの低調スタートとなったが、さらなる話題を集められるだろうか。