韓国歌手イム・ヨンウンが寄付を通じて善良な影響力を実践した。

 8日、韓国小児がん財団によると、イム・ヨンウンが善良なスター7月の歌王戦賞金200万ウォン(約20万円)を小児がん白血病患児と家族のための情緒支援事業のために寄付した。

 今回のイム・ヨンウンの寄付を通じて行われる情緒支援事業は、患児の看病のため長い時間を病院で過ごさなければならない患者の母親と、母親の不在を長い間経験しなければならない他の家族のために、韓国小児がん財団では自然が与える力で厳しい情緒が緩和されるよう園芸療法を通じて支援している。

 韓国小児がん財団のホン・スンユン理事は「多くの人気を享受しながらも患児たちに温かい歌手イム・ヨンウンに感謝の気持ちを伝え、今後も引き続き多くの関心と愛を受ける歌手になることを願う」と伝えた。

 一方、イム・ヨンウンは最近、コヤン(高陽)を皮切りにチャンウォン(昌原)、クァンジュ(光州)、テジョン(大田)、インチョン(仁川)、テグ(大邱)そしてソウルへと続く21回規模の初単独全国ツアーを開催中だ。