韓国俳優ソンフンが、放送態度で物議を醸している。

最近放送されたtvN「行列のできる食堂」に俳優ソンフンがゲストで出演したが、カメラの前でソンフンが行った行動が一部不快で非衛生的だという指摘がオンライン上で出ている。

ソンフンに対する批判は、食堂の前に並ぶ瞬間から始まった。

番組コンセプト自体がMCのパク・ナレ、大食いYouTuber小食のヘンニムが人気の食堂に実際に並んで食事するというものだが、焼き肉店に並ぶことになるとソンフンは、「本当に入店できるまでずっとカメラを回してるの?」と質問し、MC達がそうだと答えるとパク・ナレに「行こう」と声を掛けたことだ。

これにパク・ナレが、「私たちが以前から親しくて性格を知っている」とし、「並ばないでしょ?」とソンフンに問うと、ソンフンは「僕は並べない。人気店に行くスタイルでもなく、数人並んでいたらすぐに違う店に行く」と話した。パク・ナレは、「ソンフンのお店を選ぶ一番大きな基準は、今すぐ食べれるかだ。だから私が並ぶと言わなかった」と打ち明けた。

結局、待機時間が1時間を超えるとパク・ナレはソンフンに、「ごめんね」と謝罪までした。これにソンフンは「違う店に行こう」と言い、持っていた個人用ミニカメラを地面に置いた。

インターネットユーザーたちは、パク・ナレの説明が無かったとしても、番組のコンセプトに対し十分な事前の理解なしに出演し、並ぶことに嫌な素振りを見せるのは、プロのタレントとして適切なのかと指摘した。

ソンフンに対する批判は、食堂の中で見せた行動についてもだ。

鉄板が2つあり、ソンフンがパク・ナレと一緒に使用する鉄板にトングで肉を乗せたが、そのトングでそのまま肉を食べる時にも使用した。一人で鉄板を使用する小食のヘンニムとは違い、パク・ナレと一緒に使用するにもかかわらずトングでずっと食事をし、肉を焼く姿が非衛生的だという指摘が続いた。

それに加え、ソンフンは突然食事中に頭を横に振り、汗を落とす行動まで見せた。ソンフンは頭を強く振り、汗を振り落とす姿がカメラに込められるほどだった。

インターネットユーザーたちは衛生観念が徹底して要求されるコロナ禍の時代に、食堂の中で見せたソンフンの態度に納得するのは難しいと批判した。

しかし、一部では芸能人っぽくないソンフンの言動が、誇張された側面もあるのではないかという擁護論も出ている。