Netflix映画「ソウル・バイブス(原題:ソウル大作戦)」(監督:ムン・ヒョンソン、制作:ANDMARQスタジオ)がヒップでおしゃれなビジュアルあふれるメインポスターとメイン予告編を公開した。

「ソウル・バイブス」は、1988年、アメリカンドリームを夢見るサンゲ(上溪)洞シュプリームチームが、拒否できない提案を受け、VIP秘密資金の捜査作戦に投入されて繰り広げるカーチェイスアクション疾走劇だ。

メインポスターは上溪洞シュプリームチーム「パンクファミリー」のアジトを背景に、最強ドリフター「ドンウク」(ユ・アイン扮)、クラブDJ「ウサム」(コ・ギョンピョ扮)、人間ナビゲーター「ボクナム」(イ・キュヒョン扮)、優秀なライダー「ユニ」(パク・ジュヒョン扮)、そして上溪洞の末っ子「ジュンギ」(オン・ソンウ扮)の5人組の威風堂々とした姿が1枚に収められている。特に、悲壮なまなざしでオールドカーと一緒に立っている姿は、彼らが「超特急VIP秘密資金捜査作戦」で披露する、スリリングで華やかなカーチェイスアクションへの期待感を高める。

一緒に公開されたメイン予告編は「Seoul Vibe Mixtape 1988」と書かれているカセットテープから軽快なビートが流れ出し、スタートから注目を集める。自由と粋があふれるアメリカンドリームを夢見る上溪洞シュプリームチームの前にアン検事(オ・ジョンセ扮)が現れ、拒否できない提案をし、彼らはうっかりVIP秘密資金の非公式捜査作戦に飛び込むことになる。1から10まで直接改造した車両でVIP秘密資金捜査作戦の第1ターゲットである大韓民国の非公式No.2「カン会長」(ムン・ソリ扮)の秘密資金を輸送するパンクファミリー。しかし彼らの前にはパトカーの監視と、パンクファミリーを信じられないカン会長の行動隊長「イ室長」(キム・ソンギュン扮)の脅威まで加わって、簡単ではない作戦遂行を予告する。様々な難関の中で、はたして上溪洞シュプリームチームが秘密資金の捜査作戦を成功させることができるのか、好奇心を駆り立てる。

「ソウル・バイブス(ソウル大作戦)」は、8月26日、Netflixで全世界に公開される。