<「ロボットじゃない〜君に夢中!〜」OST(サントラ)、今日の1曲>

※Wowkoreaサイトのページには歌のYoutube動画があります。

今回も「ロボットじゃない〜君に夢中!〜」のOST紹介をお届けする。本ドラマは、「仮面の王 イ・ソン」のユ・スンホと、「雲が描いた月明かり」のチェ・スビンがタッグを組んだラブコメ。
金融会社の筆頭株主で裕福なキム・ミンギュは、人間嫌いで有名。ある日、ロボット工学者から資金提供を頼まれ、性能テストの日を迎えるが、研究員の不注意でロボットは故障。仕方なく、研究員の元カノのジアにロボットを演じてほしいと依頼するところから物語が始まる。

今日の1曲は、JUNIELが歌う「ここに立っているから」。

<歌詞の解説>

「見ているだけで幸せだと 影だけでも十分だと 必死に強がる心に 
 よく涙が浮かんでしまう 今日も全力で愛したけれど あなたは気づかない 
 たったひとかけらの気持ちでも 私にくれないの 私じゃダメですか」
歌詞の最初では、諦めることを決意した後もずっと思い続けている様子がわかる。

「ここに立っているから いつもあなたのそばで守ってくれた人 
 ここに立っている 愚かな人 振り向けば 私が見えるのに 
 あなたは気づかないなんて それならそんな風に笑いかけないで」
サビでは、自分の思いに気づいてもらえない切ない心情が伝わる。

「目で語った この胸のトキメキ 何の意味もなかったね 
 心が静かだった夜 全ては私が勝手に書いた 小説だったのかな」
思い通りにいかないもどかしさが表現されている。

「ここに立ってるから いつもあなたの味方になってくれた人 
 ここに立っている 愚かな人 振り向けば 私がいるのに 
 どうして気づかないの それならそんな風に笑いかけないで」
そばにいても、思いが届かない悲しみが歌詞に込められている。

「本当にあなたは 私が消えても 関係ないのですか」
ここから最後のサビへ盛り上がっていく。

「ここまで私が1人で描いてきた恋 今日で終わるこの愚かな恋 
 もうここには来ない 振り返ってみるけれど 
 私の足跡は一歩も あなたの心の外側には 出られないの」
JUNIELの切ないラブバラードで、ドラマの恋を盛り上げる。

歌手 JUNIEL(本名:チェ・ソア)は、1993年生まれ。2011年に日本で、2012年に韓国でデビューしたソロシンガー。これまで「ショッピング王ルイ」や「ロボットじゃない〜君に夢中!〜」、「クレイジー・ラブ」、「恋愛は面倒くさいけど寂しいのはイヤ」などでOSTを担当している。

<ネットユーザーの反応>

「このドラマのOSTの中で一番好き」
「JUNIELの歌声好き」
「ドラマのストーリーもピュアでよかった」
「切ないラブバラード」
「ハッピーエンドになってほしい」

「ロボットじゃない〜君に夢中!〜」ではユ・スンホと、チェ・スビンの共演で大きな話題を呼び、OSTも大人気となった。