「『HUNT」のVIP試写会にいらした監督たちに『これからは言われたとおりにやります』と言った」

デビュー以来、初めて演出に挑戦したイ・ジョンジェ監督が、豪快に笑って言った。

イ・ジョンジェ監督は、映画「HUNT」(制作:アーティストスタジオ、サナイピクチャーズ)の公開を控えて行われたインタビューで「すべてのことを几帳面に把握しなければならない性格なので、物理的に時間が足りなかった。眠れないのが一番つらかった」と、演出に挑戦して経験した苦労を打ち明けた。

10日に公開された「HUNT」は、組織の中に隠れているスパイを探し出すためにお互いを疑う安企部要員パク・ピョンホ(イ・ジョンジェ扮)とキム・ジョンド(チョン・ウソン扮)が、「大韓民国第1号暗殺作戦」という巨大な事件に直面して繰り広げられる話を描いた映画だ。

「HUNT」は、デビュー以降30年近くトップスターの座を守ってきた俳優イ・ジョンジェが、初めて監督として演出をした長編映画として早くから関心を集めてきた。イ・ジョンジェ監督は「30年、俳優として頑張ってきたのに、わざわざこんなことをしてキャリアを台無しにするんじゃないかという恐怖感は誰にも想像がつかないと思う」とし、「俳優が演出(監督を)することへのリスクを大きく考える部分があって、なおさら、いい結果が出てほしいという責任感で頑張った」と話した。

「HUNT」は、初めての作業だとは信じられない果敢な演出が目立つ。1980年代の大韓民国近現代史の出来事をモチーフにしたスパイ映画だが、アクションとどんでん返しを混ぜながら興味深く表現した。そのためパク・ピョンホが主人公の話を、パク・ピョンホとキム・ジョンドの2人を主人公にした話に変え、彼らの激しい対立構造を作るため、当初(草稿)はなかったパク・ジュギョン(チョン・ヘジン扮)とチャン・チョルソン(ホ・ソンテ扮)を登場させた。人間関係だけでなくテーマも変えたという。

イ・ジョンジェ監督は「テーマ(主題)についてものすごく悩んだが、私たちの社会が半分に分かれて激しく対立する姿に多く触れながら、私たちが持っている価値観と理念が正しいのかどうかについての疑問がたくさん生じた。それで自然と、理念の争いが最も熾烈(しれつ)だった80年代に注目することになった」と説明した。

「HUNT」封切り以降、「監督イ・ジョンジェ」に対する評価は、彼の心配とは違って好評一色だ。彼は「精いっぱい努力し、真心と情熱を注ぎ込んだが、『私たち』の努力が伝わったようで感謝申し上げる」と、"親友"チョン・ウソンと功を分け合った。「HUNT」は、イ・ジョンジェ監督の初演出映画であるだけでなく、イ・ジョンジェ監督とチョン・ウソンが「太陽はない」(1999)以来23年ぶりに共演する作品である。イ・ジョンジェ監督は"記憶に残る試写会のレビュー"として「イ・ジョンジェとチョン・ウソン、この2人のタッグを待っていた」を挙げ、チョン・ウソンとの作業に最も大きな意味を与えた。

イ・ジョンジェ監督は「HUNT」公開広報活動で忙しい中、第94回エミー賞の候補になったNetflixドラマ「イカゲーム」のキャンペーン活動まで並行している。彼はドラマ部門の主演男優賞にノミネートされ、昼間は「HUNT」で、夜中は「イカゲーム」で、アイドル級のスケジュールをこなしている。彼は「今回初めて知ったのだが、エミー賞はノミネートされるだけでも賞状のようなものを送ってくれるそうで、それだけでもものすごく意味があるという。ノミネートされただけでも光栄だ」と話した。