大ヒットを記録したNetflix「イカゲーム」で主演を務めた韓国俳優イ・ジョンジェが、記録をまた塗り替えた。

 俳優イ・ジョンジェは14日(以下、現地時間)に開かれた「HCA(Hollywood Critics Association/ハリウッド批評家協会)TVアワード2022」でストリーミングシリーズ部門の主演男優賞に輝いた。

 イ・ジョンジェと共に「ロキ」のトム・ヒドルストン、「窓際のスパイ」のゲイリー・オールドマン、「セヴェランス」のアダム・スコット、「ウィッチャー」のヘンリー・カヴィル、「オザークへようこそ」のジェイソン・ベイトマン、「YOU ー君がすべてー」のペン・バッジリー、トム・エリス「LUCIFER/ルシファー」のトム・エリスらが同部門に名を連ね、競争を繰り広げた。

 みごと主演男優賞に選ばれたイ・ジョンジェは「大きな賞をいただき、心から感謝申し上げる」とし、「『イカゲーム』はわたしにとって本当に大きな幸運の作品だ。たくさんの世界の視聴者が愛して応援してくださり、そして楽しく視聴してくださったことに感謝する」と心境を明かした。

 また「『イカゲーム』によって、人生が大きく広がるようで個人的にも期待している。今後も楽しく、意味のある作品を作っていきたい」とし、「『イカゲーム』のシーズン2が待っている。今後も応援してほしい」と伝えた。