韓国のガールズグループ「少女時代」メンバー兼女優のユナ(イム・ユナ)が、ドラマと映画を行き来する活躍で「全盛時代」を迎えた。

ユナは「少女時代」完全体でカムバックして、華やかなステージを披露したのに続き、現在放送中のドラマから、公開を控えた映画まで、様々な分野で熱い反応を得ている。

8月8日、ユナは5年ぶりに「少女時代」7thフルアルバム「FOREVER 1」を発売し、音楽番組や「SMTOWN LIVE」公演で輝くビジュアルとあふれる才能で「さすがレジェンド」という評価を得るなど、世界のファンの心をつかみ、来る2日に"デビュー15周年記念スペシャルファンイベント"を開催して歌手活動の頂点に立つとみられる。

さらにユナはMBC金土ドラマ「ビッグマウス」(脚本:チャン・ヨンチョル、チョン・ギョンスン、脚本:キム・ハラム、演出:オ・チュンファン、制作:A Story、STUDIO Dragon、A-MENプロジェクト)に「コ・ミホ」役として出演し、堂々とした魅力とよどみなく解決していく姿を通じて優れた演技力を披露し、同時間帯のドラマ視聴率と話題性で共に1位を記録、最強の金土ドラマとして人気を集めている。

また8月30日、マスコミ配給試写会を通じて公開された映画「コンフィデンシャル/共助2:インターナショナル」(監督:イ・ソクフン)ではビューチューバ―「パク・ミニョン」に扮(ふん)し、とぼけたコミカル演技で映画の活力になったのはもちろん、前編よりパワーアップした存在感で、映画に対する期待感をさらに高めている。(映画の公開は7日)

それだけでなく、ユナは広報のために出演した多数のバラエティーでも、身を惜しまぬ情熱的な姿で好評を博した。衣類、化粧品、免税店、保険など様々なCMモデルとしても着実に活躍中で、立て続けにファッション雑誌の表紙も飾り、限界のない俳優であることを立証している。

ユナは2019年に主演した映画「EXIT イグジット」の制作陣と再びタッグを組んで話題の映画「2時のデート」(監督:イ・サングン)、「2PM」ジュノとのロマンスをプレゼントするドラマ「キング・ザ・ランド」など、いくつもの次期作もすでに確定している状況だけに、今後もユナの全盛時代は続くものとみられる。