<「コッパダン 〜恋する仲人〜」OST(サントラ)、今日の1曲>

※Wowkoreaサイトのページには歌のYoutube動画があります。

今回も「コッパダン 〜恋する仲人〜」のOST紹介をお届けする。本ドラマは、「トッケビ〜君が暮れた愛しい日々〜」のキム・ミンジェと、「君はロボット」のヒロインのコン・スンヨンがタッグを組んだ作品。その他若手俳優ピョン・ウソクやソ・ジフンらも出演。 
朝鮮時代、「コッパダン」と呼ばれる結婚コンサルタント集団の美しい3人の男たちがいた。一方、男勝りなケトンは結婚を約束した男性スが行方不明になり、傷心していた。2人の仲人だったマ・フンは、仕方なくケトンを「コッパダン」に採用するところから物語が動き出す。

今日の1曲は、イェソンが歌う「心の中に君を描く」。

<歌詞の解説>

「待ち続ける先に いつも君がいる 
 僕の後ろでいつも守ってくれた 影のように 
 その瞬間を思い出して 足を止めた 一歩踏み出せない僕だけど」
最初の歌詞では、マ・フンが自分のそばにいてくれたケトンを想う様子が表現されている。

※サビ「その人はきっと知らないだろう 
 僕の気持ちは あの日あの場所にあるのに 
 その目を見つめながら 歩んできた時間が 
 一日で消えてしまいそうで 心の中に君を描く」
サビでは、言葉にできないケトンへの想いが歌詞になっている。

「恋という言葉は 僕にとって君だから 
 いつも君と一緒に歩いていたんだ 
 君の手を離してしまったから 
 行き場を失った僕 戻る場所もない」
いつもケトンを突き放していたマ・フンの本心が伝わる。

※サビのリピート

「君の心が遠ざかっていく 僕から離れて行っても 
 今のようにそばで照らしていたい 
 君の心に雨が降って 暗闇が前をふさいでも 
 守るから いつも僕がそばに」
ここから最後のサビへ盛り上がっていく。

「その人はきっと知らないだろう 
 一分一秒が一年に感じる僕の気持ちを 
 毎日夜空にこの気持ちを伝えて 君に届くと思って 
 毎日伝えているんだ 心の中に君を描く」
イェソン独特のハスキーヴォイスで恋の切なさを表現している。

歌手イェソン(本名:キム・ジョンウン)は、1984年生まれ。「SUPER JUNIOR」のメンバーとして2005年から活動している。ミュージカルにも出演するなど多岐にわたって活躍している。ソロでの活動にも力を入れており、イェソンとしてドラマのOSTにも参加している。
「シンデレラのお姉さん」でバラードのOSTを担当し曲が大ヒット。その後も「その冬、風か吹く」、「ドラマの帝王」や「アイドゥ・アイドゥ~素敵な靴は恋のはじまり」などでもOSTを担当。ハスキーな声で歌うバラードに定評がある。

<ネットユーザーの反応>

「イェソンの歌声はいつも気持ちを揺さぶる」
「ハスキーな歌声がすてき」
「魅力的な歌声とメロディー」
「声に感情が乗ってる」
「高音の声がセクシー」

「コッパダン 〜恋する仲人〜」ではキム・ミンジェと、コン・スンヨンの共演で大きな話題を呼び、OSTも大人気となった。