※あらすじ・ネタバレになる内容が含まれています。

イ・ジョンソクが暗黒世界の帝王ヤン・ヒョンウクと出会った。

2日に韓国で放送されたMBC金土ドラマ「ビッグマウス」11話(視聴率11.4%)では、パク・チャンホ(イ・ジョンソク)とコ・ミホ(イム・ユナ、「少女時代」のユナ)夫婦を狙った暴動が発生したなか、本当のビッグマウスの正体が房長ノ・バク(ヤン・ヒョンウク)であることが明らかになった。

クチョン市長のチェ・ドハ(キム・ジェホン)の指示を受け、新しい刑務所長に赴任したカン・スチョル(キム・ドンウォン)は、刑務所内の不正を根絶するという名目の下、囚人たちの身体検査を実施した。囚人たちの中に隠れている本物のビッグマウスとその手下を探し出すため、パク・チャンホと協力したのだ。しかし権力を味わった看守たちがひるんだことで、パク・チャンホとは初めからぎくしゃくし始めた。

ソ・ジェヨン(パク・フン)の未発表論文の内容を調べるための検査はきちんと進められた。チャン・ヘジン(ホン・ジヒ)の助けで、依頼した死刑囚タク・グァンヨン(ユ・テジュ)の血液検査結果用紙から新型麻薬が検出され、模範囚たちに発病した幽霊病の正体が白血病であることが分かった。それぞれ目撃した証拠で論文の糸口を解いていくパク・チャンホとコ・ミホのチームワークが光った。

刑務所内部に停電が発生し、パク・チャンホとコ・ミホ夫婦への危機感も最高潮に達した。その瞬間人の気配を感じたパク・チャンホが火をともし、彼は自分の前に座った本当のビッグマウス、ノ・バクと対面した後パニックに包まれた。

一方、同日放送された「ビッグマウス」の11話の視聴率は首都圏と全国いずれも11.4%を記録し、金土ドラマの1位の座を守った。特にチェ・ドハがチャン・ヘジンの死を確認するシーンは最高13.7%まで跳ね上がった。(ニールセンコリア調べ)