長期興行を続けている映画「HUNT」が400万観客を突破した。

組織内の隠れたスパイを探し出すためにお互いを疑う安企部要員パク・ピョンホとキム・ジョンドが「大韓民国1号暗殺作戦」という巨大な事件と直面して繰り広げられる諜報アクションドラマ「HUNT」が、映画館入場券統合電算網3日午後2時30分基準で400万観客を突破した。

「『HUNT』ほど洗練された韓国映画がまた出てくるか気になる」、「最初から最後まで緊張感を持って、ずっと没頭しながら見られる映画」、「やはりイ・ジョンジェ、チョン・ウソン期待以上!」、「やはり信じて見るイ・ジョンジェ、チョン・ウソン」、「イ・ジョンジェ監督の映画に対する情熱が作り出した最高の作品」、「これはn回(限りなく)上映されなければならない。 数回見なければならない!」、「最高!5回目なのに退屈じゃない」など、「HUNT」は封切り4週目にも着実に観客の爆発的な反応を起こしており、注目を集めている。

特に映画が内包した多様な意味を解釈するためのn次観覧(1度以上、何度も、限りなく)熱気も依然として熱く「HUNT」の興行の勢いがどこまで続くのか、今後が注目される。

これとともに「HUNT」の”広報妖精”イ・ジョンジェ監督、チョン・ウソン、ホ・ソンテ、チョン・マンシクが Megabox Plus M公式SNSを通じて400万観客突破記念の短い映像を公開し、映画ファンの熱い声援に応えた。 映像の中のイ・ジョンジェ監督、チョン・ウソン、ホ・ソンテ、チョン・マンシクは、観客席を背景に400万を記念する風船を振りながら感謝のあいさつを伝えている。 特に彼らの後ろには「HUNT」の400万をともにした観客も一緒に映像に盛り込まれ、意味を加えた「HUNT」の長期興行に耳目が集中する。

400万人の観客を魅了し続けている「HUNT」は、韓国で絶賛上映中だ。