秋夕(チュソク、中秋節)連休中、麻薬投薬の疑いで警察に逮捕された40代俳優の正体をめぐる各種推測が飛び交う中、イ・ムセンに続き、俳優パク・ヘジン側もこれによる被害を訴え、強硬対応を予告した。

パク・ヘジンの所属事務所アーティストカンパニーは11日午前、公式立場を通じて「最近、オンラインコミュニティおよびSNSを通じて、俳優パク・ヘジンさんが麻薬投薬容疑で逮捕された40代俳優と関連しているという虚偽の事実が無分別に流布されていることを確認した」とし、「これは明らかな虚偽の事実で、パク・ヘジンさんは本事件と無関係であることを明らかにする」と発表した。

続けて、「関連した根拠のない虚偽事実の流布が続く場合、該当内容を作成および流布した者を対象に、強力な法的対応を進める予定」とし、「当社は今後も、所属俳優の名誉と権益を保護するため、虚偽の事実、悪質な噂の流布など悪意的な行為に対し、強力な対応を進めることをお知らせする」とも付け加えた。

これに先立ち、警察によると、10日午後、ソウル・カンナム(江南)区一帯で、麻薬に酔って街を歩き回った40代男性A氏が麻薬類管理法違反の疑いで逮捕され、捜査を受けているという。

警察がA氏の麻薬検査を行った結果、陽性反応が出たことを確認し、彼の自宅で錠剤数十錠を発見したと伝えられた。

また、A氏の職業は俳優で、2006年地上派ドラマの助演としてデビューし、各種映画、ドラマに主演・助演級として出演したという。

これにより、オンラインコミュニティなどではA氏の正体が誰なのかをめぐり、各種推測があふれ、この過程でさまざまな40代俳優たちに飛び火している。

この日午前には、イ・ムセンの所属事務所も麻薬投薬俳優とイ・ムセンは無関係であることを明らかにし、虚偽の事実流布に対する法的対応を示唆している。