Netflixオリジナル「イカゲーム」が今日(12日、現地時間)、放送界の「アカデミー賞」と呼ばれるアメリカのエミー賞授賞式で、非英語圏初の最高権威賞である作品賞受賞に挑戦する。

「イカゲーム」はこの日、マイクロソフト劇場で開かれるアメリカTV芸術科学アカデミー主幹の第74回エミー賞プライムタイム授賞式で、ほかの英語圏の作品たちと並んで作品賞をはじめとする、主演・助演俳優演技賞を争う。

ドラマ「イカゲーム」は、TVドラマ部門最高権威である作品賞をはじめとして、監督賞、脚本賞、主演男優賞(イ・ジョンジェ)、助演男優賞(オ・ヨンス、パク・ヘス)、助演女優賞(チョン・ホヨン)など6つの部門の候補となった。

これに先立ち「イカゲーム」は、エミー賞の技術部門と呼ばれるクリエイティブアーツプライムタイム授賞式でゲスト女優賞(イ・ユミ)とスタント賞、視覚効果賞、美術賞など4つのトロフィーを手にし、好調な出だしとなった。これは非英語圏ドラマでは初だ。

本授賞式と呼ばれるプライムタイム授賞式で受賞となると、各部門が非英語圏では初、韓国俳優初という記録を更新することとなる。特に最高栄誉となる作品賞を受賞する場合、英語圏コンテンツが掌握する現地授賞式で1cmの字幕の壁を越え、韓国コンテンツがトップを獲得するという点で意味が大きい。

「イカゲーム」と作品賞を争う候補作は、「メディア王」、「ユーフォリア」、「ベター・コール・ソウル」、「セブランス」、「イエロージャケット」など7つの作品だ。

ヒットの成績だけで見ると、「イカゲーム」が圧倒的な成果をあげているが、作品賞受賞の基準は人気だけでなく完成度、演出など多様な要素が含まれており、簡単ではない競争となる展望だ。

「イカゲーム」の主演4人のうち、受賞に成功する俳優がいるのかという点も関心事のひとつだ。イ・ジョンジェをはじめとしてパク・ヘス、オ・ヨンス、チョン・ホヨンなどの俳優たちがすべて演技賞の候補に名前を載せた。これに先立ち「イカゲーム」に出演した女優イ・ユミがエミー賞技術部門で女優賞を韓国人初受賞となり、ほかの俳優たちの受賞の可能性に対する期待も高い。

これまでエミー賞で韓国俳優が演技賞の候補となったことはない。韓国系カナダ人のサンドラ・オーが13度この授賞式候補に名前を載せたが、受賞は叶っていない。

これに先立ちアメリカ映画俳優組合(SAG)をはじめとして、スピリットアワーズ、クリティクスチョイスなど現地授賞式で主演男優賞を受けたイ・ジョンジェが、今回も有力な受賞候補となっている。イ・ジョンジェは「イカゲーム」の受賞候補はもちろん、今年はチョン・ホヨンと一緒にプレゼンターとしても視線を集める。アメリカ有力芸能媒体ハリウッドリポートはイ・ジョンジェが主演男優賞の受賞候補1位に選んだ。