※一部あらすじ・ネタバレになる内容が含まれています。

MBC金土ドラマ「ビッグマウス」が9月第3週の話題性順位で1位を獲得し、視聴率と話題性で自己最高記録を更新し締めくくった。

テレビ話題性分析機関「グッドデータコーポレーション」の資料によると、「ビッグマウス」が9月第3週目のドラマ部門で28.78%のシェア率で1位を占め、特に前週比の話題性点数が64.97%上昇し自己最高点数を記録した。集計によるとドラマ全体はもちろん、ドラマ+非ドラマ話題性のトップ100順位でも1位となった。

それだけでなく夫のパク・チャンホ(イ・ジョンソク)を救うために解決師の本能で能動的かつ主体的に戦ったコ・ミホ役のイム・ユナ(「少女時代」のユナ)がドラマ出演者の話題性順位の1位を記録した。さらに巨大な権力に直面し、家族を守るために結局“ビッグマウス”となり激しい勝利を収めたパク・チャンホ役のイ・ジョンソクが2位を記録し、あらゆる悪行の中心で凄絶な最期を迎えたチェ・ドハ役のキム・ジュホンが7位を獲得した。

一方、MBC金土ドラマ「ビッグマウス」は7月29日金曜日の初回放送を皮切りに8週間愛され、今月17日の土曜日に13.9%(ニールセンコリア調べ、首都圏基準)という自己最高視聴率で終了した。「ビッグマウス」だけの独特な設定が盛り込まれたクチョン市の世界観をはじめに、体当たりを惜しまない俳優たちの好演と感覚的な演出、吸引力のあるストーリーと緊張感を高める音楽まで、すべての要素の完ぺきな調和で“過没入誘発”という一風変わった面白味を届けた。

今回の調査はテレビ話題性の分析機関「グッドデータコーポレーション」が2022年9月12日から9月18日まで放送中または放送予定のドラマ23本を対象に、ニュース記事、ブログ/コミュニティ、動画、SNSで発生したネットユーザーの反応を分析し、19日月曜日に発表した結果。