俳優のイ・ギウ(40)が既婚男性の仲間入りを果たした。

24日、所属事務所のNEVERDIEエンターテインメントの関係者は情報サイトMydaily(マイデイリー)に「イ・ギウが本日(24日)、チェジュ(済州)島で挙式をする」とし、「近しい家族や同僚、知人たちを招待し非公開のスモールウェディングで執り行われる」と明らかにした。新婦は年下の一般人女性だという。

イ・ギウは同日、自身のインスタグラムに「D-DAY」という文を掲載し、挙式を控えたときめきを伝えた。今月18日には「おとなしく通り過ぎて…僕は来週結婚しなければならない」と台風14号の北上に懸念を示した。

これに先立ち今年8月、イ・ギウは直筆の手紙を通じて直々に結婚を伝えた。彼は「数年前僕に大きな響きを与える賢明で正義感のある人に出会った。分かち合い助け合う心を持っている人だ。弱者に向き合うと気兼ねなく手を差し出す温かさがあって、豊かに生きるより正しく生きようとする決断力がある人だ」と恋人への愛情を示した。

さらに「お互いに尊重し、お互いに学ぶ点を見つけ共に歩いていると、これからの人生をこの人と一緒に歩みたいという確信を持つようになり、僕にとってより大きな人生の目標を持たせてくれたこの人と一緒に家庭を築くことができるよう多くの激励と応援をお願いする」と付け加えた。

一方、イ・ギウは2003年の映画「ラブストーリー」でデビューした。その後映画「僕の彼女を紹介します」、「あいつはカッコよかった」、「サッド・ムービー」、「追跡者 SHOT GUN」、「時間離脱者」などに出演し、活発な活動を繰り広げた。またドラマ「このろくでなしの愛」、「イケメンラーメン店」、「ザ・ウイルス」、「ミス・コリア」、「記憶〜愛する人へ〜」、「品位のある彼女」、「ただ愛する仲」、「18アゲイン」などでブラウン管にも顔を映した。最近、総合編成チャンネルJTBC「私の解放日誌」でチョ・テフン役を務め熱演を繰り広げた。