<「君の歌を聴かせて」OST(サントラ)、今日の1曲>

※Wowkoreaサイトのページには歌のYoutube動画があります。

今回から「君の歌を聴かせて」のOST紹介をお届けする。本ドラマは、「七日の王妃」のヨン・ウジンと、「社内恋愛」のキム・セジョン(元gugudan)がタッグを組んだ作品。
過去のある事故がきっかけで不眠症になってしまったホン・イヨン。偶然出会った男性チャン・ユンと仲良くなるところから物語が始まる。

今日の1曲は、キム・ヨンジFeat. SARAHが歌う「Cry」。

<歌詞の解説>

※サビ「忘れられなくて I cry 嘘でも私は I try 
どうしてここであなたを探すのか 来ないあなたを見つめて So I try You and I」
最初の歌詞では、単調なメロディーのサビから始まり相手への複雑な想いが表現されている。

「あなたがいない一日には 私もいないのに 忘れられないこともわかっているのに 
 Tell me what should doin’ it now うそだと言って 元に戻せると 
 すれ違うように 少しだけでも あなたを呼ぶことができたら 
 I found myself but I’m still losing myself また戻ってきてくれるのかな」
去って行った人への強い未練の想いが伝わる。

※サビのリピート 

「いつか過ぎ去る苦しみだと 自分自身を慰める 今の苦しみも終わりがあるのだと 
 耐えようとしても もっと深まっていくこの気持ちと 大きくなっていく悲しみ 
 手に入れる前に壊してしまった すでにバラバラになった夢 
 すれ違うように 少しだけでも あなたを呼ぶことができたら 
 I found myself but I’m still losing myself また戻ってきてくれるのかな」
心の傷をどうにか過ぎ去るのを待とうとする、つらい気持ちがわかる。

※サビのリピート

「すべてあなたを消し去っても また現れそうで もう後戻りはできない 
 傷が大きくなって これ以上変われないのは 終わりなのか 
 それともどこへ向かうの あなたはだんだん遠ざかるでしょう 
 Oh what should doing it now うそだと言って これ以上ムダだとしても 
 just fake it never get down あなたじゃない人と あなたがいない空間で 
 I never going without your love」
自分はどうするべきなのか戸惑いながらももがく様子が伝わる。

「忘れられなくて I cry 嘘でも私は I try」
キム・ヨンジの悲しげで力強い歌声で、繊細な気持ちを歌い上げる。

歌手キム・ヨンジ(本名:同じ)は1986年生まれ。女性3人組アイドルグループ「SeeYa」のメンバーとして2006年にデビュー。2011年に解散後はソロ活動をしている。
これまで多くのドラマOSTを担当しており、「王は愛する」、「君の歌を聴かせて」、「仮面の王イ・ソン」、「椿の花咲く頃」、「ロボットじゃない〜君に夢中!〜」、「私たちのブルース」などがある。

<ネットユーザーの反応>

「OSTもドラマも気に入った」
「曲の雰囲気がカッコいい」
「SARAHのラップがクールでいい」
「悲しげだけど聞きたくなる」
「歌詞が切ない」

「君の歌を聴かせて」ではヨン・ウジンとキム・セジョンの共演で大きな話題を呼び、OSTも大人気となった。