一週間連続でボックスオフィス(box office)1位を記録し、興行巡航中の「自白」が第17回パリ韓国映画祭に招待され現地観客の大好評を受けた。

「自白」は、密室殺人事件の唯一の容疑者と名指しされた有望な事業家ユ・ミンホと彼の無罪を立証しようとする勝率100%弁護士ヤン・シネが隠された事件の破片を合わせながら繰り広げられる話を描いたサスペンススリラーだ。

パリ韓国映画祭は毎年10月の最終週にフランス・パリで開催される韓国映画祭で、「自白」は当該韓国最高の話題作を紹介するセクションであるエベンヌマンセクションに招待された。 フランス現地の観客たちは現地時間の先月26日と30日に行われた「自白」の上映館を全て埋め尽くし、作品に対する熱い関心を示した。

パリ韓国映画祭のダビド・トレドラー首席プログラマーは「捜査物が好きなら『自白』は必ず見なければならない映画だ。 原作を見たかどうかに関係なく、映画に満足した方々が多く、うれしく思う。 韓国公開と同時にフランスで上映され意味がより大きい」として、「自白」を紹介することになった感想を明らかにした。

105分間のランニングタイムの間、そしてクレジットが上がる瞬間まで、緊張感を失わない「自白」の強烈な吸引力に捕らえられた現地の観客たちは、「最近数年間見た韓国スリラー映画の中で最高」、「最後まで緊張の紐を緩めないようにする素晴らしい映画」、「ソ・ジソブ俳優の演技が絶品」等、賛辞を惜しまなかった。

国内ボックスオフィス1位リレーはもちろん、国境を越えてパリの観客まで魅了した「自白」は韓国で絶賛上映中だ。