飲酒運転で事故を起こし、芸能活動を自粛中女優キム・セロン(22)の近況について、いくつかの推測が提起されたなか、「生活苦によるバイト説」をキム・セロン側が認めた。

 4日、所属事務所は「キム・セロンが生活苦により、アルバイトをしていたのは事実」としたうえで、「現在はすでに(アルバイトを)やめている」と明かした。

 これに先立ち3日、Youtubeチャンネル「芸能裏大統領イ・ジンホ」では、「女優キム・セロンが逸脱した本当の理由」というタイトルの映像が掲載された。

 Youtuberのイ・ジンホは、キム・セロンが飲酒運転事件と関連して保証金を用意するという話で、「キム・セロンと話をした知人が『キム・セロンは、カフェでアルバイトをしている。今までの活動過程で稼いだ金額は保証金で使ってしまい、カフェでアルバイトをしている』と話した」とし、”アルバイト説”について説明していた。

 一方、キム・セロンは去る5月18日、ソウル市カンナム(江南)区で飲酒運転をし、変電圧機など周辺の施設物に衝突した容疑で警察に逮捕された。事故当時、キム・セロンの血中アルコール濃度は約0.2%の泥酔状態だった。

 この飲酒運転騒動でキム・セロンは、SBSドラマ「トロリー」、Netflixシリーズ「猟犬たち」などの作品から降板し、芸能活動を自粛している。