韓国SBSの新金土ドラマ「消防署の隣の警察署」(脚本:ミン・ジウン、演出:シン・ギョンス)が、"ソ・ヒョンチョル、カン・ギドゥン、ジウ"と"ウ・ミファ、チョン・ジヌ、イ・ウジェ"の活躍を予告した。

来る11月12日から放送される「消防署の隣の警察署」は、犯人を追う"警察"と火災を防ぐ"消防"の共同対応現場日誌を描くドラマだ。人のために胸を熱くする人々の心温まるチームプレイ、死線を越える第一線で孤軍奮闘する警察と消防の物語だ。

これに"ソ・ヒョンチョル、カン・ギドゥン、ジウ"チームがチン・ホゲ(キム・レウォン扮)と絡む「警察署の人々」として、"ウ・ミファ、チョン・ジヌ、イ・ウジェ"チームがボン・ドジン(ソン・ホジュン扮)、ソン・ソル(コン・スンヨン扮)と共にする「消防署の仲間」として登場する。ベテラン俳優6人組は熾烈(しれつ)な生活を送る警察と消防のチームワークを披露し、物語に活力を加える予定だ。

まず、確かな演技力で演劇とドラマを行き来して活躍するソ・ヒョンチョルは、テウォン警察署刑事8チームのチーム長ペク・チャム役を引き受け、確固たる個性を見せる。ペク・チャムはかつて情熱的な捜査班長だったが、いまでは怠け者になった人物。しかし7年ぶりに再会したジン・ホゲが熱血刑事になって戻ってくると熱い呼応を見せる。

カン・ギドゥンはテウォン警察署刑事8チームの警長コン・ミョンピルとして、コミカルパートを担当し、物語にメリハリをつける。コン・ミョンピルはチン・ホゲの捜査パートナー兼お世話焼きとして活躍し、凸凹コンビを見せる。「サイコだけど大丈夫」「刑務所のルールブック」「ロマンスは別冊付録」などで見せた魅力的な助演でカン・ギドゥンの歩みには関心が集まっている。

個性的なビジュアルで一目を置かれているジウは警察署科学捜査チームの警長であり、ボン・ドジンの妹アンナとしてガールクラッシュな魅力を見せる。アンナはクリエイティブな科学捜査装備を作り出して「ボンガイバー」というニックネームを持つ人物。ジウは驚くような事件をもたらすチン・ホゲとは情熱ケミを、兄ドジンとはリアルな兄妹の姿を見せる。

演劇の舞台で積み上げた演技力でポテンシャルを爆発させているウ・ミファは、テウォン消防署の現場指揮団長ドク・ゴスン役を演じる。ドク・ゴスンは女性初の火災鎮圧隊員出身で、鬼のように怖いが、誰よりも隊員を大切にする「消防署の母」のような人物。ボン・ドジンとソン・ソルに、時には厳しく、時には温かい、ツンデレのラスボスであり精神的支えとして活躍する。

「ストーブリーグ」「検事内伝」「チョン・ドジョン」など話題の作品で強烈な存在感を見せたチョン・ジヌは、テウォン消防署の救助隊員チェ・ギス役に扮する。チョン・ジヌはたくましい筋肉質の体ながら、繊細なハートのか弱い消防士チェ・ギスを演じ、反転の笑いを引き出す。またポンプ車の相棒ボン・ドジンとは揉めながらも仲の良い姿を見せる。

「偶然見つけたハル」「女神降臨」「遠くから見ると青い春」などではじけるキャラクターを自然に描き出したイ・ウジュは、テウォン消防署の救急隊員ハ・ドンウ役で出演する。イ・ウジェはキビキビしている消防署の末っ子ハ・ドンウ役を通じて、救急車の相棒ソン・ソルのおせっかいに毎回気をもむ日常を描く。

制作陣は「"ソ・ヒョンチョル、カン・ギドゥン、ジウ"と"ウ・ミファ、チョン・ジヌ、イ・ウジェ"は見るだけでも心強い組み合わせ。確かな個性のある自然な演技の達人6人がケミストリー妖精として登場する『消防署の隣の警察署』の初放送に多くの関心をお願いする」と伝えた。

「消防署の隣の警察署」は「わずか1000ウォンの弁護士」の後続として、来る11月12日に第1話が放送される。