日韓ガールズグループ「IZ*ONE」のリーダーとして韓国デビューし、2021年のグループ解散後もソロアーティストとして活躍しているクォン・ウンビが、11月3日に東京・豊洲PITにて日本で初となるソロファンミーティング「RUBI’s ROOM」を行った。

 パールホワイトのタイトなドレスで登場したウンビは、まずダンサー4人とともに1stミニアルバム収録の「Door」を艶やかにパフォーマンス。「RUBI(ファンの呼称)、こんにちは!ウンビです。久しぶりですね。元気でしたか?」と日本語であいさつすると、「私は今、本当に幸せです。ありがとう!」と、ソロデビュー後初めてのファンミーティング開催の喜びをファンに伝えた。

 「ライブをたくさん準備しました」という言葉どおり、続けてしっとりと歌う「Colors」、伸びのある歌声を堪能できる「Blue Eyes」を披露。会場中がウンビの歌声に聴きほれる。

 「なんでも答えますコーナー」では、ファンからの質問に回答。「日本で必ず買って帰るものはありますか?」という質問に、「ラーメンとうどんのミニカップ!アロエヨーグルト、 麦茶…」と次々と出てくる彼女のかわいらしい姿に会場は和んだ空気に。「つらいときにはどうしていますか?」という質問には「RUBIからの手紙を読むと力が湧いてきます」とファンの存在の大切さを言葉にした。

 続いてファンに届けたのは「Good Bye Days」。ウンビが出演したミュージカル「タイヨウのうた」の曲を、感情のこもった日本語で歌い上げる。「TIME」ではファンに手を振ったりとコミュニケーションを取りながら、愛嬌(あいきょう)のあるダンスで盛り上げた。

 「お絵かきクイズ」や「味だけで分かる?効きコーラ選手権」など、ファンと一緒に楽しむコーナーもたっぷりと用意。さらに「ハイタッチ&サイン会のときに、ファンの方から素晴らしいリクエストがあったので」とウンビの提案でフォトタイムも設けられた。

 イベント後半には、ミステリアスでムーディーなパフォーマンスと清涼感がありながら艶っぽい歌声で「ESPER」「Glitch」を披露しファンを魅了。

 最後の曲の前には、「私が練習生の時…」と話し出して感極まったウンビ。そして、 「先輩『INFINITE』とのフィーチャリングで、まさにこのステージに立ちました。RUBIのみなさんの愛情のおかげで1人でこのステージに立つことができて本当に幸せです」と涙なからにファンに感謝を伝え、幸せを噛みしめるように「Flash」を歌い上げた。

 熱い拍手でのアンコールに応え再びステージに登場すると、ダンサーとともに最新曲「Underwater」をパフォーマンス。万華鏡の映像をバックに、彼女自身も七変化の魅力を存分にアピールした。

 パフォーマンスが終わると、小走りでステージを去るウンビ。するとすぐに小走りで戻ってきて「これで終わりって知らなかった!」と照れ笑い。カリスマ的なステージとギャップのあるキュートな姿もまた彼女の魅力だ。そして、改めて「今日は遠くから来てくれてありがとうございます。3年ぶりに会えて幸せでした」とあいさつ。「また素晴らしいアルバムを持って日本に来たいと思います。また会いましょう」と次の約束を交わし、 笑顔でステージをあとにした。

 所属事務所Woollim Entertainment を通じて、ファンミーティングを盛況裏に終えたウンビより「久しぶりに日本で公演をすることになり、とてもドキドキしました。久しぶりにRUBIたちと向き合うことで感情が込み上げ、近くでお会いすることで、感謝の気持ちで涙が出てきました」と感想を述べた。

 一方、日本でのイベントを終えてもすぐに次のステージへと動き始める。12月17日と18日の2日間、韓国ソウルcoex新韓カードartiumにて2回目の単独コンサート「NextDoor」の開催を発表。11月9日午後8時より韓国インターパークチケットを通じて前売りが開始する。