初回ゲストに女優キム・アジュンを迎え、新シーズンが始まった「車輪のついた家4」(tvN)。2人目のゲストは女優キム・ハヌルで、10月27日(木)の第3話と11月3日(木)の第4話に登場した。

今シーズンのゲストはこれまでとは違い、レギュラー出演者であるソン・ドンイル、キム・ヒウォン、ロウンと全く面識のないゲストを招くと発表されていたが、それがまさにキム・ハヌルだった。

いつもはゲストが来るたびに、ソン・ドンイルがハグで出迎えてきたが、そんなおなじみの光景もなく、ぎこちなさが漂う中、いきなり一緒に食事を始めた4人。偶然なのか、用意していた食事が、シーズン1の済州島編ゲストの女優コン・ヒョジンがお土産に持ってきたことがある、キム・ハヌルが一番食べたかったという済州島で有名なキンパプ(韓国のり巻き)だった。

それをおいしそうに食べながら、徐々に落ち着いてきたのか、今回の出演理由を聞かれると、元々、人見知りをするタイプなので出演を迷ったが、今回の旅先が済州島だと聞き、出演を決めたと正直に答えたキム・ハヌル。これにはソン・ドンイルとキム・ヒウォンも大爆笑で、この辺りから徐々に打ち解け始めていた。

旅行好きでグルメなキム・ハヌルにとって、この番組はまさにぴったりの番組だったようだ。結婚してから一人で旅に出るのは初めてだそうで、並んででもおいしいものは食べたいというキム・ハヌルは今回の旅で、本当によく食べ、「マシッソヨ(おいしいです)」を何回言っていたことか。左利きのようで、左手に箸、右手にカップを持ち、効率よく食べる場面もあった。

さらに、キム・ハヌルは料理の腕前を披露。ところが、夕飯でネギチャーハンを作ったが、味がイマイチだったのか、メンバーたちは微妙なリアクション。翌朝、そのリベンジとばかりに、今度はエッグトーストを作り、こちらはメンバーたちにも大好評で汚名を返上した。

この手料理がきっかけ(?)で、メンバーたちともだいぶ距離感を縮めていたキム・ハヌル。朝食の準備をサポートしてくれたロウン(SF9)とも和気あいあいとした雰囲気で、オーバーなリアクションをするロウンに対し、「リアクションがよくなってるんだけど?」とつっこむ姿も。「きのうより気楽になったので」とロウンが返していたが、明らかに前日のぎこちなさはなくなっていた。

また、朝食後、ソン・ドンイルが大女優コ・ドゥシムにおすすめされたという、海女さんたちのスタミナ食であるカニのお粥を食べに行ったときは、キム・ヒウォンが「お粥もおいしいけれど、トーストの方がもっとおいしかった」とキム・ハヌルをからかうまでに。この頃にはすっかり仲良くなっていた。

本来、明るい性格だというキム・ハヌルは、ドラマや映画の撮影現場だと役に集中しているため、素の自分を出すということがあまりなく、共演者と仲良くなるというところまでいくのが難しいと明かしていた。だからこそ、この番組は役を演じなくていいし、大好きな旅、おいしいグルメが味わえるため、思い切り素の自分を出し、メンバーたちとも意気投合しながら、楽しんでいる様子がリアルに伝わってきた。

海岸で散策しながら、みんなで写真を撮ったとき、キム・ハヌルの方から、SNSのグループチャットを作るのはどうかと提案し、自然な流れで連絡先を交換していたのも印象的だった。それにしても、この番組に出演する人気女優たちは積極的に旅を楽しみながら、本当によく食べ、よく笑い、チャーミングで魅力的だ。キム・ハヌルもそんな一人であり、次回はドラマ「Pachinko パチンコ」の女優キム・ミンハが登場する。