韓国ボーイズグループ「OMEGA X」が事務所代表らからパワハラを受けていた件で、さらなる疑惑が浮上した。

 SBS芸能ニュースは11日、「これ以上、事務所と共にできない」と訴えるメンバーの立場を伝えた。

 彼らによると、最近物議を醸した代表からの暴言・パワハラは、ステージのプロンプター(カンペや字幕を映し出す装置)に書かれた感謝の言葉を読まなかったことが理由だったという。代表や事務所への感謝を表さなかったということだ。

 代表は当時、パニック症状を起こしたジェハンの服をつかんだり、韓国行きの航空券をキャンセルしたりした。また、ホテルでも大声を出し、警察沙汰になっていたとの目撃談もあった。その後、メンバーたちが韓国にいる家族の支援のもと帰国すると、マネジャーとメンバーに解雇及び訴訟を起こすと脅迫する内容も公開された。

 メンバーたちは、代表からのパワハラは今回の米国ツアー公演だけではなかったと主張した。海外ツアー中、一部メンバーが新型コロナウイルスの感染が疑われる状況でも、ステージに上がることを強要されたという。

 メンバーたちは現在、自宅で休息や治療を受けていることが伝えられた。4人のメンバーがパニックや不安症状、不眠症などで精神科に通っていることも分かった。

 一方、所属事務所SPIREエンターテインメントは今回の騒動に対し「誤解」との立場を示したが、その後、代表の自主辞職で一段落したと見られていた。