グループ「SHINee」のミンホが女優チェ・スビンを天使のようだと褒め称えた。

12日夜に放送されたJTBCバラエティー番組「知ってるお兄さん」にはドラマ「ザ・ファビュラス」の主人公ミンホとチェ・スビンが転校生として登場した。

ドラマを通じて初めて会ったという2人に第一印象を尋ねると、ミンホは「実は最初は本当にぎこちなかった。 最初はぎこちなかったけど、スビンが本当に優しいんだ。 天使なんだ」と口を開いた。

続けてミンホは「こういう言葉は少し慎重にしなければいけないが、本当に私が今まで仕事をした芸能人の中で一番優しいと思う」と打ち明けた。

これに対しイ・サンミンは「ドラマで演技者同士ができる行動といえば限定的だが、いつ天使だと感じたのか」と尋ねた。

するとミンホは「私たちは本当に寒い時期にに撮影したが、ファッションドラマなのですごく薄い服を着て雨に打たれるシーンもあり、激しい風が吹く場所でも撮ったのに大変なそぶりは本当に一つも出さなかった」として「現場に一番先に来ていて一番先に準備するそのような姿に感動した」と明らかにした。

これに対し「知ってるお兄さん」のメンバーたちは「当然のことではないか」、「それは仕事的にプロフェッショナルなことであって天使のようなものではない」、「どこが天使だというのか」として飛びついた。

するとミンホは「そして動物が大好きだ」としてチェ・スビンを称賛した。

ミンホの話を聞いたキム・ヒチョルは「動物は私も大好き」とあきれた。 ソ・ジャンフンは「私はイカれてるようだ『動物農場』を見れば毎日泣いてしまう」と続けて、皆を爆笑させた。