※あらすじ・ネタバレになる内容が含まれています。

KBSドラマ「カーテンコール」5話(視聴率4.7%)は、ホテル楽園で働き始めるジェホン(カン・ハヌル)の様子が描かれた。

 グムスン(コ・ドゥシム)はホテルに就職してから初めての会食の場で思い切り酔っぱらって帰ってきたジェホンのために酔いに効く飲み物を用意し、「初日からずいぶん派手にやったのね。チームの中で一番人気だって?立派だわ」と愛情あふれるまなざしで見つめた。

 続けて「ムンソン、私はあなたを待つのもいい。心配するのも。そういうささいな日常が私にはどれほど楽しいことなのか、あなたには分からないと思う」と言って目を赤くした。

 ホテル楽園の一家はだんだんとジェホンをムンソンだと疑いなく受け入れた。ドンジェ(クォン・サンウ)は「既婚のいとこ。幼いころから知っていたとしても近しい関係ではないんだけど」と好ましく思っていなかった。

 ドンジェは勤務中のジェホンをペントハウスに呼び、「400万ウォンでは足りない?4000万は?4億はどうだ?」と賄賂を渡すと言った。ドンジェは「セヨン(ハ・ジウォン)が望んでいるのはホテルを守ることだ。いとこという変数が起きた」とし、グムスンがドンジェにホテルの持ち分を相続したら、それを自分に渡すように言った。

 そしたらそれを自分の手でセヨンに渡すと言うと、ジェホンは「腹の中は真っ黒だな」と批判した。