元祖アイドルグループ「Sechs Kies」出身のウン・ジウォンが元妻と離婚した理由を告白した。

14日に放送されたMBNバラエティ番組「熱くアンニョン(安寧、韓国語であいさつの言葉)」では、女優のミン・ジヨン、ショッピングホストのキム・ヒョンギュン夫婦が出演した。

この日、ウン・ジウォンはミン・ジヨン、キム・ヒョンギュン夫妻を見て「妻が夫をとても好きなようだ」として「私の昔の妻を見ている感じだ。 似ている」と元妻を思い出した。

元妻については「柔道選手だった。 だから本当に強い。 ハワイにいる時、男たちと喧嘩すれば妻が来て全て解決してくれた」と説明し、「初恋の人と13年ぶりに再び会って結婚したのだった」と明らかにした。

ウン・ジウォンは、離婚した理由を尋ねると「お互いに昔のことばかり考えていた。 初恋だから。 人がとにかく変わったはずなのにそれを認められないのだ お互いに」と答えた。

続けて「『どうしてだろう?』そんなふうに言わなくても心の中で『こんなことしてなかったのにどうしたんだろう。 結婚してこうなのかな?』と思った。 私たちはいい結果として終わった。 悪い気持ちになる前に元に戻ろうとした」と話した。

ウン・ジウォンは前妻と離婚後も仲良く過ごしたという。 彼は「別れて2年間友達のように過ごしていたが、私たちの未来のために『これはちょっと違うのではないか』と言いながら自然に連絡しなくなり、今まで連絡をしない」と打ち明けた。 これを聞いてユジンが「実はアメリカ式ならクールにずっと会っても構わないが」と言うと、ウン・ジウォンは「新しく会った女や男にとても失礼だ。 話にならない行動だから」と話した。

先立ってウン·ジウォンは2010年4月、米国ハワイで高校時代に会った2歳年上のイさんと結婚式を挙げた。 イさんはウン・ジウォンの初恋。 だが、2013年2月に離婚の便りが伝えられ、当時所属事務所だったGYMエンターテインメント側は「性格の違いにより互いの適応に困難を経験し、新しい出発ができるよう各自望む道に進むことで合意した」とウン・ジウォンが2012年8月に離婚したと公式立場を明らかにした。

離婚事実を一歩遅れて明らかにした理由については「一般人であるイさんの私生活が守られるよう離婚当時の事実をあえて公表しなかった」として「離婚事実が公開された今もイさんの日常生活が普段と変わらず維持されるよう、関心が増幅されたり持続しないことを願う」と伝えた。

10年ぶりに元妻と離婚した理由を直接明らかにしたウン・ジウォン。 彼の淡々とした告白に、ネットユーザーたちの応援が続いている。

一方、ウン・ジウォンの元妻は、元サッカー選手のイ・ドングクの妻、イ・スジンさんの実姉だという。