グループ「GOT7」のメンバー兼俳優のジニョンがソロアルバム発売と韓国でのファンミーティングなど、活発な活動を予告した。

17日、所属事務所のBHエンターテインメントによると、これまで俳優と歌手の活動を並行してきたジニョンが、ことしデビュー10周年を迎え、2023年1月にソロアルバムの発売に加え韓国でのファンミーティングを開催する。

ジニョンは昨年7月、ニューデジタルシングル「DIVE」を公開し直々に作詞・作曲に参加するなど、音楽的才能を発揮した。ことし5月には「GOT7」の完全体でカムバックし、待ちわびていたファンたちと会った。

2023年に公開予定の今回のアルバムもまた、自身が直々に作詞・作曲に参加し完成度を高めた。ジニョンは次回作「魔女」の撮影で忙しいなかにも、時間を割いて楽曲作業に没頭しファンミーティングの舞台を準備しているという。また、韓国でのファンミーティングの後には海外ツアーまで予定されており、グローバルなファンたちと近くで会う予定だ。

昨年1月にBHエンターテインメントと専属契約を締結したジニョンは、ドラマ「花様年華−人生が花になる瞬間」、「悪魔判事」、「ユミの細胞たち」シーズン1、シーズン2、映画「夜叉 -容赦なき工作戦-」、公開予定の映画「クリスマスキャロル」までさまざまなジャンルの作品を通じて目新しい魅力を披露し、俳優としても全方位的な活躍を繰り広げた。

特に「ユミの細胞たち」では多情多感な“国民的彼氏”ユ・バビシンドロームを起こし、ジニョンの演技力と独歩的な魅力を立証した。

一方、ジニョンが出演した「ユミの細胞たち」のシーズン2は毎週水・木曜日午後10時30分にケーブルチャンネルtvNを通じて放送される。初の1人2役をこなした映画「クリスマスキャロル」は12月7日に韓国で公開される。