グループ「BTS(防弾少年団)」JUNG KOOKが、2022カタールワールドカップ開幕公演を行った。

19日(現地時間)JUNG KOOKは、カタールワールドカップがアル・バイト・スタジアムで行われた2022国際サッカー連盟(FIFA)カタールワールドカップ開会式に参加した。

この日の開会式でJUNG KOOKは、カタールの歌手Fahad Al Kubaisiと一緒にカタールワールドカップ公式サウンドトラック「Dreamers」の合同ステージを行った。

これに先立ち、JUNG KOOKはこの日午後、韓国サッカー代表チームが練習しているカタールドーハの訓練場を訪ね、監督や選手たちと会った。JUNG KOOKは代表チームと認証ショットを残し、特にソン・フンミン選手との代表チームユニフォームを一緒に持ってポーズを取り笑顔を見せた。

JUNG KOOKは「選手の皆さんがケガしないよう、僕だけでなく僕たち(BTS)メンバーと国民たちが応援しているので、力を出して望む結果を得られたらうれしい」とし、「僕もステージ(開幕式)を控えているが、選手たちのことを考えながら僕も懸命にステージで公演を行う。本当にケガしないで頑張ってくれたら嬉しい」と応援した。