グループ「BTS(防弾少年団)」のメンバー・JUNG KOOKが歌った「2022FIFAワールドカップ(W杯)カタール大会」のOST(オリジナル・サウンド・トラック)「Dreamers」がグローバルチャートを席巻した。

20日午後2時に公開されたJUNG KOOKの楽曲「Dreamers」は、発売13時間で102か国のiTunes「トップソングチャート」では、W杯のサウンドトラックの中で最短期間となる2時間11分で1位を記録する珍記録を立てた。

「Dreamers」は軽快なサウンドとJUNG KOOKの清涼なボーカルが調和した楽曲。「Look who we are, we are the dreamers(僕たちが誰なのか見て、僕たちは夢を見る者たち)」という歌詞で挑戦と闘志のW杯精神を表現した。

JUNG KOOKは20日(現地時刻)にカタールのアル・ホールにあるアル・バイト・スタジアムで開かれたカタールW杯開幕式で「Dreamers」を歌いステージを華やかに飾った。