韓国人ダンサーのDazzle(ダズル/キム・ダスル)が本来の色を披露する。

28日、所属レーベルチームの「sHe」は公式SNSにDazzleのパフォーマンスビデオティーザーを掲載した。

映像は暗い空間の中でかすかに残っている光を後にして歩いてくるダズルの姿が見える。 続いて雄大なサウンドと共にパフォーマンスの一部が視線を集めた。 30秒の短い分量であるにもかかわらず、ずっしりと残る余韻がフルバージョンをさらに期待させた。

特に今回の映像は、Dazzleチームの「sHe」で初めて披露するコンテンツ。 彼女は“まぶしくさせる”というダンサーネームにふさわしい実力と特有の表現力で見る人たちに強烈な印象を残すものと見られる。

Dazzleは歌手WOODZ(チョ・スンヨン)を含め、ハ・ソンウンとキム・ウソク、「MAMAMOO」、「GOT7」ジャクソンなど多様なアーティストと呼吸を合わせ、舞台の完成度を高めた。

また、クォン・ウンビの「Magnetic」、「TWICE」の「Talk that Talk」、「YES or YES」などの振り付けに参加し幅広い活動領域を見せた。