公演途中に舞台を離れ恋人とスキンシップをするという“突発行動”で物議を醸した歌手BIG Naughty(ソ・ドンヒョン)が再度謝罪した。

BIG Naughtyは7日、自身のInstagramを通じて自筆の謝罪文を掲載した。

彼は「先日の『TONE & MUSIC FESTIVAL 』で起きたことについて申し上げようと、重い気持ちでペンを取った」とし、「まず、何の代価もなく僕と僕の音楽を応援して下さるピッナリ(BIG Naughtyのファンクラブ名)の皆さんに、とても大きな失望感を与えて申し訳ない。また、公演を見に来てくださった観客の方々の大切な時間とありがたい努力を、僕のあまりにも軽率な態度と個人的で未熟な行動で無駄にしたことに、心より謝罪申し上げる」と謝った。

当時の状況について「アンコールに準備していた未公開曲を歌っていた途中、間奏部分で幼くちょっとした考えで舞台から離れた」とし、「軽率な舞台上での態度と行動で観客の方々だけでなく、これに接した方々、公演・舞台関係者の皆さんにもご迷惑をおかけした。心から申し訳ない」と釈明し、重ねて謝罪した。

それと共にBIG Naughtyは「今回のことを通じ、舞台に立てるということ、曲を作って歌えるということが、どれほど祝福されてありがたいことなのか、もう一度肝に銘じ反省する」とし、「より良い人、より良い音楽、より広い愛で成長できるよう、たくさん叱ってほしい。いつも感謝しており、申し訳ない」と付け加えた。

BIG Naughtyの所属事務所H1ghr Musicも同日、「所属アーティストBIG Naughtyの先日の公演と関連し、ご心配をおかけすることになり深く謝罪申し上げる」とし、「BIG Naughtyは舞台での行動と関連して発生した騒動について、深く反省をしており、弊社もやはり責任を痛感している」と立場を示した。

ただし、「スケジュールの履行と関連し、確認されずに広まっている内容でファンの方々が誤解する素地がありうることを弊社は認知している」とし、「良くない内容で傷ついたファンの方々に謝罪する。しかし、事実ではないのに広まった文章と誤解によりファンの方々を傷つける状況が続かないことを願い、また、推測での内容を広めることも自制をお願いする」と訴えた。

これに先立ち、BIG Naughtは4日にソウル・オリンピック公園で開かれた「TONE & MUSIC FESTIVAL 2023」で歌の途中でステージを離れるという突発行動をした。約30秒間、席を外したBIG Naughtは、再びステージ上に戻り残りのパートを歌いきった。これについて観客たちはパフォーマンスの一環と考えた。

しかし、BIG Naughtyのバックステージ目撃談がオンライン上に拡散し、物議を醸した。目撃談によると、BIG Naughtyはバックステージにいたある女性にキスをして頬に触れたという。すぐにこの女性がBIG Naughtyの恋人であることが伝わり、「ファンをあざむいた」との非難の声が上がった。

一方、BIG Naughtyは2019年にMnet「SHOW ME THE MONEY 8」に出演し人気を集め、その後多数のヒット曲で愛された。