2023年に最もユニークな恐怖をプレゼントする映画「眠り」(監督:ユ・ジェソン)のスペシャルGV(ゲストビジット)に、主演俳優イ・ソンギュンとユ・ジェソン監督、ポン・ジュノ監督が参加した。

去る26日、ロッテシネマワールドタワーで映画「眠り」のスペシャルGVが開催された。この日のスペシャルGVは、ソウル、プサン(釜山)、テジョン(大田)、テグ(大邱)、キンポ(金浦)の韓国5大都市で行われる最初の試写会であると同時に、上映終了後のGVがライブで同時配信されて注目された。特に、モデレーターとして参加したポン・ジュノ監督が、映画を鑑賞した後「最近10年間に見た映画の中で最もユニークなホラー映画であり、スマートなデビュー作」という好評を伝え、熱い関心を集めた。

スペシャルGVを行う前に観客たちと一緒に映画を鑑賞したポン・ジュノ監督は、「シナリオも読んで編集版も見たのでストーリーと展開は知っていた。それにもかかわらず94分間ずっと引き込まれて、緊張感を緩めることが出来なかった」と観覧直後の感想を伝えてGVを始めた。

映画「眠り」で眠るのを恐れる夫「ヒョンス」役を演じたイ・ソンギュンは「シナリオから無駄がなく本当に良かったし、映画もとてもおもしろく、のめり込むように見た」と映画への満足感を表した。

これに対しポン・ジュノ監督は「俳優たちのケミストリーがすごかった」とし、デビュー作品をチョン・ユミ、イ・ソンギュンというすごい俳優たちと共にしたユ・ジェソン監督の感想を聞いた。ユ・ジェソン監督は「2人の俳優が演技をするたびに何度も鳥肌が立った。感情がほとばしるような演技に圧倒され、カットを叫ぶ瞬間が遅れることが多かった」という感想を伝えて注目を集めた。

これに対してポン・ジュノ監督も「チョン・ユミとイ・ソンギュンの2人は最初から全力投球だ。最初から最後までこんなに集中した演技は珍しい」と2人の主演俳優の演技に賛辞を伝えた。

ここにポン・ジュノ監督は、ユ・ジェソン監督の演出力への称賛も惜しまなかった。「ストーリーと俳優たちの力で94分を息をのむほど引っ張って行ける、最も純粋な映画の力そのものが輝く映画がでたというのがとてもうれしい。新人監督の作品であるというのも非常に意味があると思う。新人監督がデビューする時には、さまざまなハードルや多くの困難がある物だ。そのような状況の中で『小さいがしっかりした宝石のような映画』が出たという感じもした」と伝えた。

それだけでなく「眠り」の結末について話題が出た時、ポン・ジュノ監督は自身の作品「殺人の思い出」撮影当時に俳優パク・ヘイルが自分が犯人かどうか気にしていたというエピソードを紹介して注目を集めた。ユ・ジェソン監督とイ・ソンギュンは「眠り」の結末について、「観客の皆さんの解釈に任せる」と言葉を慎み、映画に対する関心を刺激した。

最後にポン・ジュノ監督は「面白くてユニークな映画、映画らしい映画が出たということがうれしい。大きなスクリーンでこの作品を見ながら、俳優たちの圧倒的な演技と緊張感に吸い込まれるようだった。映画のトーンや雰囲気、アイデア、展開などあらゆる面で新しい映画だ。きっと観客がこの映画を歓迎してくれるだろう」と映画を応援した。

映画の主役イ・ソンギュンとユ・ジェソン監督、そしてモデレーターとしてポン・ジュノ監督が参加したスペシャルGVを成功裏に終えた「眠り」は「今年最もユニークな恐怖」という絶賛の中で、9月6日に映画館で公開される予定。