女優イ・ソルがベルリンに向かう姿が公開された。

イ・ソルは主演映画「信じられる人」が「第7回ベルリン韓国独立映画祭」に招待されたため、1日、ドイツに向かった。

イ・ソルはオートミールカラーのコート、クロップTシャツとジーンズ、キャンパスバッグというシンプルでカジュアルな空港ファッションで爽やかな笑顔を見せた。

脱北後、韓国通訳士になったハン・ヨンの話を描いた「信じられる人」は、イ・ソルの繊細な演技で、同時代を共に生きる若者たちに癒しを伝える。第24回チョンジュ(全州)国際映画祭では韓国競争部門俳優賞を受賞した。

第7回ベルリン韓国独立映画祭は10日まで行われ、「信じられない人」は劇場で上映中だ。すでにイ・ソルはベルリンに到着してGV(ゲストビジット)スケジュールをこなしている。

イ・ドルはことし下半期に放送予定のチャンネルAの新ドラマ「男と女」でカムバックを予定している。