故イ・ソンギュンさんが薬物使用の疑いを受けている間に死亡した中、警察が内部報告書の原本が流出し、経路を追跡している。

5日、国家捜査本部の関係者は「キョンギ(京畿)南部警察庁の反腐敗・経済犯罪捜査隊が必要な場所を押収捜索し、関係者たちに対して調査中だ。 最大限厳重かつ迅速に捜査する」と明らかにした。

続いて「故イ・ソンギュンさんの事件開始から召還調査まで捜査情報が持続的に流出した。 公式的にインチョン(仁川)警察庁の召喚日などを対外的に発表したことはない。 捜査情報の流出があり、経路を捜査中だ」と付け加えた。

故イ・ソンギュンさんが薬物使用の疑いを受けた当時、あるメディアは警察の内部報告書の原本を公開したことがある。 これに対し警察はどんな経路で捜査報告書が流出し原本が撮られたのか押収捜索するなどの捜査に入った。

昨年、故イ・ソンギュンさんは麻薬類管理に関する法律違反の疑いを受けた。 しかし、故人は簡易試薬検査、毛髪検査、足毛検査、脇毛検査などで麻薬陰性判定を受けた。
3回にわたって警察の調査を受けた故イ・ソンギュンさんは、ソウル・カンナム(江南)のある遊興施設の室長A氏を恐喝の疑いで告訴し、嘘探知機の調査などを先に要求し、容疑を否認した。

しかし、故イ・ソンギュンさんは3回目の召還調査の後、同年12月27日に亡くなった。 故人の死亡で該当事件は「公訴権なし」で終わったが、警察が無理な捜査をしたという指摘があふれ、捜査情報が流出したという世論が沸き立った。

捜査情報が流出し、故イ・ソンギュンさんを極端な状況に追い込んだという世論が強まると、警察は捜査情報流出経路を追跡中だ。 どのような経路で捜査報告書が流出したのか、捜査結果に注目が集まっている。